ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

953.たくさん歩く

先日、
寒いけれど良いお天気の日、
久しぶりにちょっと長い距離を歩きました。
どちらかというと歩くのは好きな方で
以前は結構な長い距離を歩いたりして
楽しんでおりましたが、
少々体調を崩している昨今
なかなか沢山は歩けないでおりました。

その日は知人などの個展に行く予定があり、
位置関係を調べていたら
何処もわりと近いことが判明。
小伝馬町から銀座あたりまでなら
江戸時代の人なら普通に行き来している距離だろうな。
今はgoogleがあるので迷う心配もないし。
気分もよいので歩いてみよう!
と何気なくスタートしたら楽しくなってスルスル?
歩いて廻れました。

googleに導かれてゆくと
あまり面白い道は通れなかったけれど
寄る予定のなかった画廊まで途中に有ることがわかり
思いの外、たくさんの展示が観られました。
予定外の展示が思った以上にスバラシくて
ノックアウトされてしまい(余りに作品が素晴らしすぎて自分が立ち直れなかった)
その後
熱が出て1日寝てしまった(疲れたのもあるけれど)が
たくさん歩くのは
やはり楽しいね。


c0118526_1546375.jpg




つづく願い (5x5cmカラーインク、雁皮)
[PR]
# by malie134-HS02 | 2017-12-11 15:48 | よしなしごと | Comments(0)

952.小さな版画展12月

12月のLittle Christmas-小さな版画展のお知らせです。
この展覧会もラストスパートです。
東京地区では3会場で開催されます!
それぞれの画廊で工夫された展示となっています。
師走は何かとお忙しいことと思いますが、
是非お近くの画廊へお越市頂けると嬉しいです。

*12/1~24 和歌山県橋本市ヒロ画廊 11:00~18:00    tel:0736-32-8320
*12/2~9 岐阜県揖斐郡 ギャラリーゆう  12:00~18:00    tel:0585-45-2043
*12/2~10 京都 アートゾーン神楽岡 10:00~1900   tel:075-754-0155
*12/2~12 長崎 ギャラリーEM 水曜休
11:00~18:00   tel:095-827-7602
*12/2~16 浦和市 柳沢画廊 水曜休
11:00~18:30   tel:048-822-2712
12/2(土)17:30〜オープニング
*12/2~23 岩手県北上市 諄子美術館
11:00~16:00  tel:0197-63-2441
12/2(土)11:00~12:00オープニング
*12/2~24 福島県いわき市 アートスペースエリコーナ
     月曜休 10:30~18:00 tel:0246-24-0004
12/10(日) 作家宮嶋結香さんによる特別ワークショップ
       ①13:00~14:30②15:00~16:30 各回定員3名
       参加費500円 要予約
*12/2~24 金沢市 atelier&gallery creava 月曜休
      11:00~17:00 tel:076-231-4756
*12/5~17 神戸市ギャラリーあじさい
11:00~18:00tel:078-331-1639
*12/6~19 札幌市ギャラリー梅鳳堂
10:00~20:00 tel:011-207-4082
*12/13~18横浜市art Truth 11:00~19:00
webにて予約受け付け中!
045-263-8663
*12/13~22 表参道 Galerie412
13:00~19:00 tel:03-5410-0388
*12/16~24 吉祥寺 ギャラリー惺 月,火休 12:00~19:00
tel:0422-41-0435
12/16(土)17時~19時オープニング(岡田出席予定)
*12/18~27 京橋 ギャルリー東京ユマニテ 日休
      10:30~18:30 tel:03-3562-1305
12/23(土)16時〜レセプション(岡田出席予定)




c0118526_14505045.jpg

[PR]
# by malie134-HS02 | 2017-12-03 14:52 | お知らせ | Comments(0)

951. 徳山

旅の途中で
久しぶりに山口県周南市のパレット画廊へ
お邪魔しました。
版画でシゴトが出来始めた頃からずっと
本当に長い間お世話になっている画廊です。
ちょうどリトルクリスマス展を開催中でしたので、
夕方のひと時在廊させて頂きました。

地方の私の作品を好きでいてくださる方々に
直接お会い出来るのは、
私にとって嬉しい瞬間です。

長い間制作していても、
作品に対する不安は募るばかりで
普通のお仕事のように「定年」があれば
どんなに良いだろうと思ったりします。
もちろん、
私が勝手に制作を止めればよいコトではありますが、
「定年」のように「ゴクロウサマ」と周りから言ってもらえ
すっきり止められたら良いだろうな。。。などと思ったりします。
アート業界にとって(一部の方々は違うと思いますが)
厳しい昨今、
元気になれる要素は身の回りに少ないです。

そのようななか、
長く私の作品を好きでいてくださる方や
私のサインを喜んでくださる方などにお会いできると
「また喜んで頂ける作品を創りたい!」と
元気が出ます。
ほんとうに有難いことです。

こうして
私の知らない場所で作品をひろめて下さる
画廊さんのおチカラがあってこその
作家というものだなぁ
と、人の支えに感謝しながら
小春日和の徳山の港辺りを
散歩していたのでした。



c0118526_15501487.png

[PR]
# by malie134-HS02 | 2017-11-30 15:52 | | Comments(0)

950. 考えること

私にとっての旅する意味については、
車窓(飛行機の窓も含む)からの風景を眺めたり
ホテルや景色の良いところでゆっくり本を読むだけでも
充分と前にも書きました。
その時、「それは静かに集中して考える時を
持つことが大切だからだ」と書いておいたかなぁ
と思ったので、もう一度そのことについて
書きたいと思います。

何かいつもと違うモノを見て廻るのも
興味ふかいし、自分を刺激してくれると思うけれど、
日頃スマホに気を取られ、
「落ち着いて考える時間」が減ってしまっている分を
取り戻すのが私にとっての旅する意味なのだ。

今回も今年3回目の奈良へ飛び立って、
奈良では寺院など奈良らしいトコロへ行く時間が
取れないのだけれど
行き帰りの飛行機から見た山々や雲、海の模様、
リムジンから見た紅葉や
ドナドナのように車で運ばれてゆく黒い牛たちの瞳
そんなモノが心に入ってきて
何時もとは違うキモチの部分を刺激しています。
久しぶりにゆっくり読めた梨木香歩の
「僕は、そして僕たちは どう生きるか?」は
本当に今読めてよかった!と私のなかに深く入ってきました。
旅の時間に読めたのもよかったです。

自分の名前(実名は漢字で眞理枝)
の意味である「真理の枝を追求する人になれ」は
考え続けろ!ということであると理解してきました。
考えるより先に行動することも大事ですが、
日々考える人でありたいと思っています。




c0118526_14132128.png





ヒカリ と (ed.20 15x18cm)
[PR]
# by malie134-HS02 | 2017-11-22 13:58 | | Comments(0)

949.小さな版画展−11月後半

今年で8回目となるLittle Christmas-小さな版画展、
11月後半も各地で開催ラッシュです。
49名の作家の「旅する」をテーマにした版画作品を
是非お近くのギャラリーでご覧ください。
また、ワークショップやデモンストレーションなどの企画も
あったりしますのでお見逃しなく!

*11/17~26 尾道アート工房クアトラ 11:00~18:00
tel:090-3318-3752
*11/23~12/2 大阪狭山市ギャラリー美游館 10:00~18:00
tel:072-367-5650
*11/24~12/2 宇都宮ギャラリー.イン.ザ.ブルー 日曜休
       10:00~18:00 (最終日16時まで)tel:028-635-5832
       10:00~18:00 tel:052-271-1313
*11/26~12/10 高知星ヶ丘アートヴィレッヂ 10:00~18:00
tel:088-843-8572
12/3(日)13時より安芸真奈氏によるワークショップ
*11/28~12/10 佐賀画廊 憩ひ 日曜休 11:00~18:00
28日13時〜 日曜17時まで
       12/2(土)15時より西川洋一郎氏による
       リトグラフのデモンストレーション


そして再度のお知らせとなりますが。。。
11/27(月)山口県徳山のパレット画廊16:30ころより在廊致します!
お会いできる方がいらしたら嬉しいです。

たくさんお知らせ致しましたが、どうぞ宜しくお願い致します。



c0118526_13513529.jpg

[PR]
# by malie134-HS02 | 2017-11-16 14:38 | お知らせ | Comments(0)

948.旅する

今年のリトルクリスマス作品のテーマは
「旅する」です。

子供の頃より何となく、
旅するシゴトに就きたいと考えていました。
それは、
キャビンアテンダントであったり
考古学者や民俗学者であったり。。。
年頃によって変わってきてはいても、
アテーティストもまた様々なトコロで作品を発表する
というコトでは「旅するシゴト」であると思います。
また、
版画はエディションのある作品なので
1点ものより身軽に日本中、世界中を
旅することができます。

子供の頃の願い通り「旅するシゴト」に就けたものの
私の「旅する」は「そこまでの移動」に
重点がおかれているようです。
「何で移動するか?」や「移動中の景色や過ごし方」が楽しく、
到着してしまったら沢山動かずとも良いような気がしています。
行った先の空気を味わい
静かに過ごして自分を見つめ直すだけで充分なような。
何処へ出掛けもインドアな態度では
行った甲斐がないのでは?と問われそうですが、
本人は「移動できたこと」に結構満足しています。
また定点から離れることで
いろいろと発見もあるので
この「移動に重点をおいた旅」を年間わりと重ねています。

インドアのわりには旅する人です。


c0118526_16532571.jpg






たくさんの想い出 と  (ed.20 47x55.5cm)
[PR]
# by malie134-HS02 | 2017-11-07 16:56 | | Comments(0)