ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

866  時の輪

ここ数年の作品では
極力 具体的なカタチを排除して
伝えたい言葉の空気感を表現してきました。

銅版画という金属を腐食することで創る版でしか表せない
特別なマティエール!
それが一番生きている画面となるよう
使用する用紙、色なども工夫してきました。
抽象表現ではありますが、
マティエールと色合いの醸し出すモノは
十分具体的な風景であると
私自身は思っています。

今回オフィスIIDAで展示している
一番おおきな作品「時の輪」も
そんな作品のひとつです。
行き過ぎてゆく時間のツブのひとつ一つに
それぞれの想いがあり、
その人の来た道を作っていると思います。


実際の作品をご覧いただけたらうれしいです。





c0118526_1230479.jpg





時の輪 (ed.20 60x45.5cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-10-21 12:32 | 日々 | Comments(2)
Commented by コバヤシ at 2016-10-22 13:06 x
ちょっと見ると、なんの事かわからないけど、何となく柔らかさ・温かさ・・・やどことない寂しさが感じられます。

部屋にある版画もそうだけど、疲れた時や嫌なことがあった時、眺めていると、心穏やかになれます。

また、高いのはムリだけど手に入れようと思っています。
Commented by malie134-HS02 at 2016-10-23 13:33
コバヤシさん、先日はありがとうございました。せっかくいらして頂いたのに在廊せず申し訳ありませんでした。なかなか早起きできないので、いつも夕方近くにしか画廊へは行けず。。
<< 867 さがしている 865 タイムスリップ >>