ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

921.しずむ

ここしばらくキモチが沈んでおりました。
ジメジメと重苦しい気候のせいでもありますが、
不意に届いた私の制作に対する忠告メール?に
辛い気持ちになっていました(今も多少)。

作品に対する他者の評価は
勿論まちまちで、時には厳しい事も多々あります。
そんなコトはたくさん経験済みなので、
普段は長くひきずる事はありません。
それを次へのエネルギーに変換する事も出来ます。
しかし、その言葉が私のこれからに対して
なんの期待も愛情も無いような、
心を突き刺す言葉であったりすると
ただ悲しいです。
叱咤激励ではなく唯の叱責のような言葉は
その人が長い間の知人であったりすると
ほんとうに深く闇に沈んだ気持ちになってしまう。
しかも、
私が意見をお尋ねしたりしたわけでもなく
一方的に送られたメールであったりすると。
文章は口頭より目に焼き付きますし。。。

人生の場面にはそんなコトもあるけれど
未だに私は、それらをうまく流せずにいます。
それも情けないけれど。

それでも
今、自分に出来るコトをやってゆくしか無いだろ。
そう思い今日も描いています。
それが「マンネリ」と言われようと
なにも生み出さずに居るよりは良いのではないか?
と思っています。






c0118526_1432695.jpg







解くための 知恵 (ed.30 16.3x15.7cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-07-05 14:08 | よしなしごと | Comments(0)
<< 922.今いるトコロ 920. 空気の様に >>