ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

2017年 07月 09日 ( 1 )

922.今いるトコロ

フェルデンクライスメソッドのクラスでは
いつもアタラシイがある。

身体のある部所を少しづつ動かした後に少し休む
というコトを繰り返すのですが、
その「休む」といことが、とても重要だと知らされました。
動くという動作の延長上に
「休む」という動作があるというのだ!
「休む」も動作の一部であること。

そして、その休んでいる間、
脳は今やってきたコトをフィードバックしていると。
ずっと動き続けていては「やってきたコト」を整理出来ない。
それは制作についてもそうだ。
動きながら出てくるアイデアもあるが
動けない時に想うコトもとても重要であったりする。
次への核になったりする。

ゆっくり少しづつ動かして
隅々まで感じて味合うコトの大切さ。
そしてそれは今を生きるコトなのだと思う。

私の苦手な
「少しづつゆっくり」とか「途中で休む」とか
アタラシイこととして楽しんでゆきたい。




c0118526_1504350.jpg





might be there (10x10cm ドローイング)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-07-09 15:03 | 日々 | Comments(0)