ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

カテゴリ:ステキ( 180 )

912.和の宇宙

国立能楽堂の定例公演に行ってまいりました。
久しぶりの能楽堂、中庭の緑も美しく
開演前のひとときもくつろげました。

今回の狂言の演目「大般若」は
僧侶と巫女の競演が大変面白く、
本当に愉しく笑えて日々の疲れも吹き飛びました。
野村万作、萬斎が一堂に会しているのも
見所です。

狂言と違って、
お能は超自然を題材にしていることが多いので
私には少し敷居が高いですが、
「賀茂」は登場人物(ほとんどが神々ですが)が多く
場面が展開するので
比較的分かりやすかったです。
神々の装束も様々で楽しめます。

歌舞伎もそうですが、
伝統芸能の装束はわりとモダンなデザインで
抽象的な捉え方もあり
かなり興味深いです。
色合いなど斬新で驚かされます。

そして
笛、太鼓と鼓といったシンプルな和楽器に
人の声が加わり
不思議な響きに変化する空間。
色や音、動きで奏でる宇宙は
本当に「ドコカ」へ連れて行ってくれる。

こうした
少し緊張感のあるトコロへ
たまに出掛けてゆき
何処かへ行って帰ってくるのが好きです。



c0118526_1663856.jpg






ナカニワ  (ed.30 20x15.5cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-05-20 16:09 | ステキ | Comments(0)

909.まだまだアタラシク

日頃アシュタンガヨガに通っている
asayaヨガスタジオにて、
以前から気になっていたフェルデンクライスメソッドを
受けてみました。

その聞きなれない難しい名前のメッソッドは、
「大脳を中心とした神経・筋協働システムに
働きかきることによって、
 気づきを高め、人間の持つ潜在能力を
目覚めさせることを可能にする
 学習システムです。」とのことで更に
「単に身体機能を改善するだけでなく、
動きを通してその人の思考・感覚・感情面にも変化をもたらし、
自己イメージを拡げ自由に自己表現することを助けます。」

なんてステキなんだ!と、日頃からアチコチ固めて緊張の解れない
私の肉体とアタマを何とかすべくオソルおそる
参加してみましたが、
思っていた以上にナニカ良い感じに!!
下顎を少し動かしてみるとか、目を動かしてみるなど、
ジワッとした動きが躰全体に繋がってゆき
今迄使っていなかった脳の回路を自覚する
ような感じ。。。
そのちょっとしたコトで色が鮮やかに見えてきたり
キモチが明るくなったりしました。
1回目なので、うまく説明は出来ませんが
フェルデンクライスメソッドは深いです。
続けてゆきたいモノとなりました。

なかなか「自分」というものは手強く
長年の癖の積み重ねから変化できず
マンネリ化してしまうものですが、
諦めず出来れば自然に変化してゆきたい
と思います。




c0118526_18503163.jpg


宝箱を開ける (10x10cm パステルドローイング)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-05-07 14:30 | ステキ | Comments(0)

904.カトルカール

先日の展覧会の間に
友人がカトルカールを焼いて持ってきてくれました。

このケーキは私にとって特別なモノです。
東日本大震災の後、
東京で単に揺れを体験しただけなのに
私はすっかり消耗してしまい(今でもモノオトやユレに関しては
軽いPTSD状態かな)なにか鬱々として過ごしていました。
そんなところ彼女から誕生日プレゼントに!と
このケーキが届きました。

その頃は東京でも揺れが続き
食品も購入不安定な頃だったのに
そんな中、ケーキを焼いてくれたなんて!!
感謝のキモチで口に運ぶと
甘い香りとキモチの篭った優しい味が
大げさですが、何だか「生きて行ける!」という
元気をくれました。
言葉では言いきれぬ
忘れられない味となりました。

そのコトを彼女に伝えていたので
ナニカの度にその後も
ケーキを焼いて送ってくださいます。

彼女は最近は、体調も良くなく
立ち仕事も辛いであろう日々なのに
また、あのケーキを焼いて持ってきてくれた彼女に
本当にありがたく感謝しています。

私ももう少し頑張れるきがします。




c0118526_15571572.jpg



つぶのヒトツブ (ed.15 51x70)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-04-17 16:03 | ステキ | Comments(0)

902.千鳥ヶ淵

毎年、桜は千鳥ヶ淵へ観に行きます。
ずぅっと同じルーとで
同じような時間に行っているのですが、
飽きることはありません。

夕方4時過ぎに九段下駅に着き、
武道館の門のところから入って
北の丸公園を淵の方に登り
お堀の周りを巡ります。
途中イギリス大使館の方へも寄ってから
靖国神社の方へ。
その頃には
ちょうどお腹も空いているので
インド料理店でご飯をたべて帰ります。
これが我が家のお花見です!

今年は例年より開花は早かったものの
未だ満開ではありませんでしたが、
どんな桜も優美です。
辺りの空気を清くするような
そんな特別な花だと思います。

お堀の周りにはソメイヨシノばかりでなく
ピンクの濃いものや
白い花のヤマザクラもあり
今年は一緒に咲いていました。
夜になるとライトアップされるエリアもあります。
私は自然の色合いで充分だなぁ。。と思っていますが、
今年のライトアップは少し工夫されていて
花へのライティングは穏やかで
木々の間に灯篭のようなものが置かれていたのは
ちょっと良いかなと思いました。

日頃は人ごみはニガテなので
こういった場所に出かけるのは避けがちですが、
桜だけは是非観に行かなくては!と
思っているのです。

今年も見られてよかったです。



c0118526_1764561.png

[PR]
by malie134-HS02 | 2017-04-05 17:09 | ステキ | Comments(0)

899.全方位美

前から観たいと思っていたバレエの演目
「レ.パティヌール〜スケートをする人々〜」を
Kバレーが演るというので行ってきました。
あまり一般的ではないプログラムだと思うので
観られるなんてとてもラッキー!
それだけでウキウキしていたのですが、
会場にい行ってみたら席はなんと最前列!!
さらなるラッキーにシアワセ感倍増でした。

バレエは演奏、衣装や美術の美しさ、
そして勿論パフォーマンスの素晴らしさ、
あらゆる方向からの美が堪能出来るので
大好きです。
どちらかというとクラシカルなモノの方が好みですが。。


オケピも垣間見ながら
少しコミカルな動きのスケートをする人々の
モダンな衣装にうっとりした
贅沢なひと時でした。


PS:最前列はステキに贅沢ですが、足元が見られないのは少し残念でした。




c0118526_16263712.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2017-03-21 16:27 | ステキ | Comments(0)

897.旅する作品

昨年の秋に参加していた
クロアチアの展覧会のカタログが、
今日届きました。

クロアチアのビエンナーレは何年か前にも参加したことがあり、
今回はあちらからの招待での参加でした。
招待といっても作品のみですが。
近隣のハンガリー、スロヴェニアへは
展覧会で訪れた事がありますが、
クロアチアへは未だありません。
古い町並みが美しいドゥブロヴニクへ行ってみたいなぁ。


版画は紙媒体なので
私より自由に様々な国へ旅する事ができて
自分自身が行っていなくとも
なんだか嬉しいです。







c0118526_15152328.png

[PR]
by malie134-HS02 | 2017-03-16 15:16 | ステキ | Comments(0)

882. 桃山志野

交通会館のギャラリーに
新居浜の茶陶作家である藤田登太郎さんのお茶碗を観に行きました。
東京では畠山記念館に続き今年2度目の展示です。
桃山志野を現代に焼く作家として
全国に幅広くファンがいらっしゃる登太郎さんですが、
80歳を越された今でも、とてもスタイリッシュでチャーミングです。
気取らぬ登太郎さんの温かい笑顔に、
いつも元気を頂いています。

「いかであれ  この土くでに夢かけて
 千とせの世をばあざけたき哉」という短冊をいただきました。

作家の心意気ですね。
アトリエに飾っておきたいと思っています。



c0118526_1434933.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-12-17 14:04 | ステキ | Comments(0)

865 タイムスリップ

ただいま個展を開催中のOFFICE IIDAのある
奥野ビルは、
1932年、1933年に建てられたという
レトロなビルディングです。
佇まいも中の階段やエレベーターも
とてもモダンで独特の雰囲気が漂っています。
その素敵な空気感で
今では20を超えるギャラリーや店舗が集まった
アーティスティックなスポットとして注目されています。

個展初日の昨日は外国の方々もお見えになり
「NYタイムスに掲載されていたので是非寄ってみたかった」と
おしゃっていました。

そんなステキな空間で展示できるのは
本当に嬉しく思います。
OFFICE IIDAでは5回目となります。
この空間から触発された作品たちを
是非ご覧いただけたらと思います。

OFFICE IIDAにお越しの際は
ぜひ奥野ビル1階からレトロなエレベーターで!
一段とタイムスリップしたような気分が
味わえるかと思います。



c0118526_15114060.jpg



ナカニワ  (ed.20 20x15.5cm)




PS:在廊日、時間などはtwitterでお知らせしています
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-10-18 15:15 | ステキ | Comments(0)

858 ひかり

 日本評論社の「統合失調症のひろば」の表紙に
いつも作品を使って頂いています。
2016〜秋号が届きました。

統合失調症という病に関係はなくとも、
誰しも多少のココロの不調はあると思います。
また親しい人が苦しんでいる場合は、
側にいる人たちもとても大変で辛い日々になるでしょう。
そんなとき読んでみたら
ふ〜〜と入ってくる言葉たちがありました。
とりわけ最初の方にいつも載っている
「病を雨に例えるなら  、
私は傘をかしてくれるのも嬉しいけれど
それよりもいっしょに。。。
濡れてほしいのです」という件は、
ず〜んときます。。。。


今回使われた作品は「ヒカリの午後」
天気の良い日の午後の光は
朝より少し落ち着いて
けれどまろやかに輝いています。
人々のエネルギーと相まって



c0118526_1359865.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-09-16 14:00 | ステキ | Comments(0)

853 オシャレな1日

庭園美術館へ「こどもとファッション」展を観に行きました。

蝉の鳴き声シャワーが気持ちの良い林を抜けると
旧朝香宮邸があります。
室内装飾はアールデコ洋式で、すみずみまでお洒落極まりない。
その空間に手の込んだ美しい色合いデザインの
小さな洋服たちがおしゃれに展示されていました。
洋服だけでなく昔に出版された印刷物の展示もあります。
日本の作家の武井武雄や初山滋は憧れです。
その頃彼らが手がけた本たちの、
そのデザインがまたお洒落でため息がでます。
何故今はこのようなモノが作れないのだろう?と
本当に残念に思います。
美は効率やニーズや人気とはちょっと斜めな角度で
存在しているのだろうな 。

ファッションがテーマの展示なので
観に来ている方々もオシャレだったのがまた
素敵でした。

ひと休みに寄ったカフェも
庭がよく見える居心地の良い空間で
出されたお水のカップさえもオシャレでした。



c0118526_14262966.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-26 14:29 | ステキ | Comments(0)