ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

130 虹ふたたび

c0118526_12392043.jpg

諸事情により、また旅に出ています。

何故か米子。
山陰の冬は初めてで、朝からくるくると変わる天気にびっくりです。


雲が重くたれ込めたかと思うといつしか日差しがさしていたり。
また、次の瞬間、雪が降ってきたり…


何度も変わって、虹が出ました。


雪の後にも、虹って出るんですね。

HAPPY な気分です。






帰ってきて確かめたら、画像小さ過ぎて、虹が見えてないですね.....
残念。

[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-31 12:39 | | Comments(1)

129 冬の日は...

「 寒い」ということがどうも諦められないのか、
なんだか前よりずっと、寒さに弱気になってしまっています。

子どもの頃などは、「冬は寒い」と、ある意味諦めていたと思います。

今年は去年よりなんだか寒いな...とか、暖冬のはずでは...などと思うと
北風に吹かれたりすると、もう気持がメゲてしまう。
日頃、家の中で仕事をしていて、あまり外出しなくなったせいもありますが。

しかし、気がついてみると、以前よりずっと薄着でいたり。
こういう態度は「冬」というものを、ないがしろにしていますね!

冷たい風や空気の後に、春の暖かさを喜ぶために
もうちょっと冬も感じてみなきゃな。




c0118526_22585793.jpg




水色のヒカリ (ed.53 20x34)



.....そんな風に思いつつも、やはり寒いのはニガテです。
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-27 23:03 | よしなしごと | Comments(2)

128 窓から2.

いつも一生懸命な盲導犬の姿を見ているうちに
興味をもつようになりました。

盲導犬は売られたりするものではないこと。
たくさんの人々が彼らと一緒に過ごすのを待っていますが、
資金難や様々な大変さがあって、ぜんぜん頭数が足りない事実。
人同様、盲導犬にもトイレは必要で、やっと京王プラザに設置されたこと。


前に過労で倒れ左足が動かなくなった事があり、
1ー2ヶ月杖を使ってやっと歩いていた時期がありました。
自分がそうなってみて初めて、道路や駅の階段の不便さを痛感しました。
人々がただこちらに歩いてくるだけでも、
こちらの不自由に気遣ってもらえない場合は、
襲ってくるようなコワさを覚えた記憶があります。

自分が元気だったりすると、
忘れていたり、見えていないモノゴトが沢山あるなと反省させられました。
あの経験は貴重だったと思います。

盲導犬くらぶの会報に
「見えない事も個性」とありました。すてきな言葉です。
そして、他人の個性を大切に出来る人でありたいと思いました。





c0118526_1346076.jpg



このトイレットペーパーには、盲導犬についてのまめ知識が書かれていたりします。イラストもかわいいです。
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-25 13:53 | 日々 | Comments(4)

127 窓から

 たぶん近くに盲導犬の訓練所があるのだと思います。
家の前の通りを、訓練中のラブラドルレトリバーが、ひたむきな顔で
歩いてゆくのが良くみられます。

夏も寒い冬の日も、人通りの多い時も....
いろいろな場面の彼らに出くわしますが、
いつも一生懸命そして従順に...といった感じで、本当に感心させられます。

彼らも大変ですが、訓練士の方々はもっとスゴイな!と思います。

訓練終了間際の時にはアイマスクをつけた訓練士の方が
彼らと共に歩いています。
背を伸ばし、真っ直ぐな姿勢で盲導犬と共に歩いている姿は、
信頼感と誇りの賜物だなと感動します。




c0118526_1452291.jpg



イヌをテーマに創作したコラージュ作品とアクリルのオブジェ
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-24 14:55 | 日々 | Comments(0)

126 より深く より心豊かに

 1月26日(土)に「いのちを創り、歌い、語る」という
イベントがあります。
高井戸の浴風園多目的コミュニティーホールで
アートの展示、ソプラノコンサート、講演のコラボレートです。

リーフレットに書かれた
いのちの流れが美術を生み、音楽を生み、詩や散文を生み出して来たのです
......という言葉にちょっと ひかれてご紹介してみました。


詳しい内容、アクセスなどは
オフィスイイダのサイトから飛んでみてください。





c0118526_21481880.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-21 21:50 | お知らせ | Comments(0)

125 冬の木々

向かいの神社の欅の、
葉をすべて落としている姿が、
毛細血管が空に伸びて行っているようで、
それもまた、綺麗だなと思って眺めています。

木々は冬、
そうやって天からエネルギーを吸収して春に備えているのでしょうか?

静かだけれど、一生懸命、冬の空に伸びる枝たち。
先端までくっきりとした黒が
美しいです。





c0118526_1732221.jpg



so far (ed.15 23x7)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-20 17:36 | よしなしごと | Comments(2)

124 ちょっと昔な野菜

 先日、母が庭で作ったパセリをつんで持ってきてくれました。

パセリ.....少しニガイ、おとなな薫り?
子どもの頃は、これがハンバーグやカツなどの横に添えられていると、
なんだかちょっと高級な感じがして嬉しかった覚えがあります。
ホットドッグやサンドイッチに入っていると、
「今日は本格的だ!」と思えました。

いつからか、パセリはあまり使わなくなりました。

あの、夏の感じの薫りもすっかり忘れていましたが、
久しぶりに大量のパセリをもらい刻んでいたら
そんな昔を想い出しました。






c0118526_13101984.jpg




コラージュ作品
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-17 13:11 | よしなしごと | Comments(0)

123 儚いモノのしあわせ

 先日、水平線から立ち昇る、みごとに半円を描いた
パーフェクトな虹を見ました!!

どちらかというと、
何故か、私は虹を良く見てしまう方だと思いますが(自慢?072.gif
はじから端までキッチリ見えている虹を見たのは、生まれて始めてです。


絵本の中で良く見る様な、弧をきれいに描いている虹も
あまり頻繁には見られません。
なのに、あの時の虹は、
水平線からすうっと始まり、反対側も水平線に吸い込まれていっていたのです。
空の3分の一に虹!!
そんな眺めだったのに、その辺りでそれを見ていたのは私だけだったのは
とても残念でした。


余りの光景にカメラに収めるのも忘れて眺めていたら、
左端の方からだんたんと、薄れてゆきました。

儚い色。
はかない景色。



とてもシアワセなひと時でした。
しかし、誰かとシェア出来なかったのは本当に残念......









c0118526_18342437.jpg


こんな風に虹を創っているのだったら大変だな
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-15 18:39 | ステキ | Comments(8)

122 見る者

 また読み返しているインテグラルヨーガに
「あなたは、見る者である」というフレーズがあります。

「見る者」...真のあなた....は、あなたの鏡である心に映る。
しかし、普通は、心に色がついているので、真の自分を見る事が出来ない。
心がたくさん波立っている湖面の様であったら、
そこに映っている姿も当然歪んでいる。
心という湖の水が濁っていたり色がついていたら、
その様に見える。

だから、その水をいつも澄んだ、穏やかな、
波のない状態にしておかなければならない。




モノを創るひとは、何かと感情的なイメージがありますが、
制作する私は「静か」を心がけています。
心が健全で澄んでいると、チカラがやってきて
ステキなモノが出来ていたりします。
その時間はとてもパワフルでHAPPYです。

そんな時をたくさん持てるよう、
自分を精進してゆくのが勤めでしょうか.........









c0118526_22231516.jpg





湖畔  (ed.35 17x16)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-14 22:25 | よしなしごと | Comments(0)

121 トオイところ

PCから少し離れているあいだ
久しぶりにゆっくりと本を読むことができました。
本は私のヨガの先生である摩矢鈴さんおススメの「インテグラルヨーガ」です。

タイトルからも判るように、
それはヨガをする人の為の聖書の様な本ですが、
別に普通に暮らす人にとっても役立つことが沢山書かれていると思います。


心の作用を止滅することがヨガである。
思考形態を制御し、それらを思い通りに変える事が出来れば
外界によって縛られることはない。
アプローチの仕方によって、それを天国にすることも、
地獄にする事も出来る。

本当にそうだナと思いますが、
それを行うのは、並大抵なことではありません。

しかし、ひとつヒトツの手順は意外にも単純な事だったりもします。
たとえば、嘘をつかない。
     欲張らない。
他の幸福を喜び、不幸を哀れむ。
     修習は長い間、休みなく、大いなる真剣をもって励む。etc.


「嘘をつかない」や「欲張らない」などはわりと簡単にやってのけられるぞ!
と思っていても、気がつくとバーゲンに奔っていたり、
明日は早く起きよう〜!と言っておいて夜更かししていては
全くダメだ。


まずは、そんな「出来ない自分」を認めることから始めます。

道は遠いけれど
歩んで行かなければ、遠いままです。







c0118526_22125789.jpg




赤い月  (ed.53 20x17)



そんな本と出会えて、良い休日だったな.....
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-01-12 22:27 | よしなしごと | Comments(4)