ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

216 新しい銅板のキラメキ

 ついに、新しい銅板を注文してみました!

なぜ?「ついに」かというと?
ご存知の通り、近年、銅の値上がりが激しく、
噂では2年前の2倍以上....とも言われていたので、
ここずっと、新しく注文する 勇気 がなかったからです。


とは言っても、
新作は創らなければならず。
仕方ないので、今までの版の裏を使って凌いでおりました。
普通は、裏側を腐食すると、刷りの圧が不安定になるので
そんな事はしてはいけないのでしょうが....

とかく、モノゴトにこだわりがちな、
版画(でなくとも、でしょうか?)の制作ですが、
なるべく柔軟な姿勢をとりたいと思っています。
無理のないところでのヤリクリも、
また、余分にチカラをこめるような、こだわりの処理なども、
省いて、シンプルだが、パワーのある制作が出来たらよいです。




久しぶりの新しい銅板はキモチがよい!
キラキラ感に負けない新作を創りたいです。




c0118526_12365565.jpg





1mx2mの銅版を、ある程度の大きさにカットしてもらいます。
ちなみに、噂ほどは値上がっておらず、ホッとしました。

[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-30 12:55 | よしなしごと | Comments(3)

215 やっぱり夏休み

 8月は、なんだか長い気がします。

それは、始まりの頃と今では、日差しや風がかなり違うからでしょうか?
それともやはり、「夏休み」という期間のなか
子どもだけではなく、大人にとっても
特別なイベントがあったりするからでしょうか?

日々の想い出が、いちだんと濃い期間だと思います。

花火に夏祭りやお盆などの季節の出来事も
「夏休み」感を盛り上げていて、
自分には、はっきりとした夏休みなどなくとも、
やはり
8月は「夏休み」だったな.....と思います。








c0118526_12143987.jpg




tell me (ed.30 21.5x20.5)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-28 12:16 | よしなしごと | Comments(0)

214 夏の終わりに...

「 夏休み」などというものからは、関係のない暮らしになって、
ずいぶんと経ちますが、8月のこの時期になると、
妙に寂しく....また、焦った気持になります。

夏ももう、終わるな。

プールに通う日々も、もうすぐ終わる。
やり残した宿題、早くやらなきゃ!
そんなキオクが、どこからか甦ってきます。
それを呼ぶのは、ヒグラシのこえでしょうか。








c0118526_13101185.jpg




ヒカリふる家  (ed.28 58x41)

[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-24 13:12 | よしなしごと | Comments(1)

213 晴れ女の葛藤

 最近の天気予報では、
急な雷雲の発生で夕方頃に局地的に大雨や雷雨になるかも....
というのが多いですね。

実際、昼間、とてもよい天気で雲一つなく晴れ渡っていたのに
急に空が暗くなってカミナリが鳴り響いたりしています。


それで、ちょっとした外出にも傘を持って出かける訳ですが、
案の定(かなりの晴れ女なので)使った試しがありません。

実際、奈良に旅行中も、
天気予報は「夕立あり」や「曇りのち雨」などだったので、
しっかり傘を携帯しておりましたが、
一度も開くことはありませんでした。
むしろ、かなり晴れ渡っていてサングラスが必要な日々でした。


携帯用の傘は、
「きっと、使わないんだろうな」と思いつつも
心配性なので、どうしても持たずにはいられない。


ずっと、そんな風な日々の中、
昨日はみごとに「アタリ!」でした。

夕方に カミナリでかなりの降雨。

ついにやたぁ!
折りたたみ傘のチカラを発揮する時が来た。
なんだか、ちょっと嬉しかったのですが、
しかし、
別に雨が降って欲しいわけではないな。

複雑なキモチをかかえつつ
とりあえず濡れなくて良かったと、雨宿りの人に目をやる帰り道でした。






c0118526_16172775.jpg





talk to... (ed.25 65x80)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-22 16:25 | よしなしごと | Comments(0)

212 春夏秋冬

 薬師寺のお坊さんのお話で、
人生を四季にたとえると、「25歳から65歳までは(20歳から60歳までだったかな? .....とにかくこんな区切りです)夏!!」とおっしゃっていました。

生きてきた時間だけでは、
その人の年齢というのは表しきれないにしろ、
気分的に低迷していた今日この頃、
自分は秋にさしかかっているのかなぁ
.....などと思っていたら、大間違い!

まだまだ!!
へこたれてる場合ではないらしい。

70過ぎて秋の歳になった時、
やっと、人としての重みが出てきて、
「人らしく」なると言う事です。

そして90からは
自分の意思が伝えられ、
少しでも自分の身の回りの事が自分で出来れば良い。
周りの人に好かれる老人になる。
それが冬の時期の生き方だそうです。



とりあえず、人として成るまで夏を堪能しないとな。

そんなことを思いつつ
少し夏バテの自分に 「ガンバレ!」と言ってみます。







c0118526_12454957.jpg



奈良町の和菓子屋さんで買った「飛鳥瑞祥」
天の四方を護る四神が壁画風に描かれています。
小豆の粉を付属の小さい粉払いで払って、
発掘の気分を味わえるようになっています。
描かれている四神は青龍、白虎、朱雀、玄武です

[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-18 12:56 | よしなしごと | Comments(2)

211 薬師寺

 修学旅行で京都&奈良へ行った時、
薬師寺の住職の方のお話が、印象的だったのを覚えています。
住職のお話...などに興味の無い歳頃にも
耳に入ってくるユーモアを交えたお話だった記憶があります。
そして、教科書にも載っていた 薬師寺の 水煙
そんなものが 頭に浮かんだので、今回は薬師寺に行ってみました。




c0118526_1422889.jpg




なぜか 奈良に行くと いつも 素晴らしい青空で
その日も 天平の絵巻物のような空で

静かでした。


鐘が響き、何かな?と思っていると
幸運にもまた、住職のお話を伺うことができました。


薬師寺は慈恩宗と呼ばれる宗派だそうです。
それは、
私達のみとめている世界は、すべて自分が創り出したものだ
ということです。

皆が共通の世界に住んでいると思っていますし、
同じものを見ていると思っています。
しかし、それは、別々のものである。
十人のひとがいれば、十人の別々の世界がある。





千年以上の歴史をたたえた厳かな色合いの東塔
昭和の時代に453年振りに再建された、鮮やかな色彩の西塔
二つの美しい塔のそびえる青空は
なんだか時を超えていました。
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-16 14:19 | | Comments(0)

210 鹿の季節

c0118526_10155195.jpg

c0118526_1015511.jpg

8月は、鹿の子育て時期と繁殖期の間の貴重な、「近づいても比較的に大丈夫な期間」です。


そこで、
再び 鹿に逢いに奈良へ来ています。



優しい顔の生きもの…鹿に囲まれて、シアワセです。



 
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-15 10:15 | | Comments(2)

209 こけのむすまで

 活発な方ではないので、
スポーツをやって楽しむ...という構図は自分の中にはないけれど、
観るのは好きです。


北島選手の表彰の時
君が代が流れ

なんだか、初めて
君が代は国家なんだなぁ....
しみじみ するなぁ....
いい国家かもなぁ....
と思いました。

なぜなんだろう?

今まで、
君が代は、戦争と強く結びついているイメージがあり
自分とは余り関わりのない音楽に思えていました。


今回はなぜだか
素直に しみじみ しました。



スポーツのちから なんでしょうか?


c0118526_13445095.jpg





遠くのこえ (ed.25 40x47)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-13 13:47 | よしなしごと | Comments(0)

208 からから

 「これ、知ってる?」
と、いつもステキなモノをくれる友人が手渡したのが
からからせんべい....というものでした。


c0118526_12312463.jpg


山形の庄内地方に昔からあった駄菓子だそうです。
かわらせんべいが三角に折れて何かを包んでいます。

振るとカラカラと音がするので、 からから なんでしょうか?
中には小さい玩具や民芸品が入っています。


からから をカシャ と割ると


c0118526_12352068.jpg


中から和紙に包まれた花柄の団扇が......
ちゃんと竹の骨に紙が張られていて、小さいながら本格的な団扇です。



なにも なにも ちいさきものは みな うつくし
ですね!
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-10 12:41 | ステキ | Comments(2)

207 ナニかを呼ぶ数

 気がついてみたら、2008年8月8日。
8並びなのですね。


私の好きな数字は、
むしろ奇数。
「3」関係だったりします。
3の3倍数「9」や ちょっとクールな「13」も好きです。

物語に出て来る いわくのある数字、
お願い事の数だったり
捜さなければならない宝の数だったりは「3」が多いので
数としては 人気のモノでしょう。


偶数の安定感より、
奇数のワリキレナイ感じが
何か良いです。

空いているトコロに ナニかが入ってきそうな予感のある数字。
奇数はそんなイメージです。

また、三角形などは、
安定してはいるが シャープさとクールさを持ち合わせた形が
心惹かれます。

鹿や偶蹄目の動物たちの顔も三角形っぽいので好きです。



無限大∞が3っつも揃った今日は、
やはり最強の日なのでしょうか?







c0118526_12213811.jpg

c0118526_12215135.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2008-08-08 12:25 | よしなしごと | Comments(2)