ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

254 偶蹄目たち

 私のところに集まってきた 鹿たち 。
友から頂いたモノばかりです。



c0118526_115253.jpg




いろいろなモノに 鹿が住んでいるなと、嬉しいです。

さらに、最近見つけた かなりLOVELYな蹄モノ


href="http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4874609937" target="_new">
  • ALPACA LOVE―癒しのアルパカ (ALPACA ..
  • 那須アルパカ牧場 / 那須ビッグファーム
c0118526_1155145.jpg



見ているだけで、シアワセな気持になれます。

こんな牧場 いつか行ってみたいです。
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-28 11:55 | 日々 | Comments(0)

253 忘れ物警報 設定

 「行ってきます」と玄関のドアを閉めたとたん
「あっ、suica忘れた!」とか、
出そうと思っていた郵便、机の上に置いて来た....などと思い出す。

忘れ物警報が作動してくれている。

.....それは有り難いのですが、
どうして いつも ドアを閉めた後なのだろう?
脱ぎにくい靴の時は なんだか いらいら したりします。


警報の設定を もう少し早めにセットするには
どうしたらよいのだろ?







c0118526_13582440.jpg





because of you ( ed.195 19x20)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-26 14:01 | よしなしごと | Comments(2)

252 in Luck !

ここ何ヶ月か、自分のなかに閉塞感があり
重苦しい日々を過ごしていました。
それは、創作に関してだけではなく、自分全体に対しての閉塞感でした。

水も留まっていると濁ります。
ジタバタ でもよいから動かないと!
そんな風に思い、なんとか少しづつ、
手足を動かして行くような日々を続けてきました。

とりあえずは ヨガをする。
人と逢って話してみる。
ステキなものを観に行く。

そして制作活動では、版画のコンペへのチャレンジをしてみました。
20代の若い世代の人も大勢活躍している版画界では、
私は既に「若手」ではありません。
油断すると「まったりした」世代になってしまいます。
ここらで自分に カツ を入れておかないといけないなと思いました。
いつまでも、「今」であり続けたいとも思います。

.....とにかく、動き続けないと....という思いで、
いくつか挑戦したなか、通過したものも弾かれたものもあり、
そのなかの山本鼎版画大賞展で、賞を頂きました。


受賞など、何年振りのことだろう!
夢のようだ!! と思いました。
....若い頃ではなく、そしてこんな今だから、
賞がしみじみ身にしみて有り難く思います。

とりあえずは ヨシ! なんだな。

書き続けた宛名の無い手紙に お返事を頂いたような
そんな 思いがけない嬉しい しらせでした。






c0118526_11483182.jpg






たずねて  (ed.20 49x74)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-23 11:52 | 展覧会 | Comments(8)

251 ほどける ときに

緊張しやすい性格が躯の筋肉を強ばらせ、
硬く固めてしまっています。
その固まった筋肉が、自由になろうとするときに
かなりの痛みを伴ったりします。

そんな時期は、ヨガの練習は出来ません。
別にケガをして痛めたわけではないので、
不安はないのですが、
いつもは、朝、「ちょっと面倒だな」と思う練習も、
練習が出来ない! となると、急に「練習したい!」
という気になってきたりします。


不自由な時期が過ぎ、
やっとクラスに出られ、練習ができるようになると
「ああ、ヨガが出来てシアワセだな」と思えます。
これからは 普通に、「やる事の出来るシアワセ」を大切にしよう!
と、思ったりします。

......そう、最近は、何度目かの そんな時期です。
左座骨がかなりイタイ.....です。
「何度目かの」と書きましたが、この4年間、
そんな時期はかなり経験してきました。
毎回まい回、
「このキモチを忘れずに!」と思って練習を再開してきましたが、
なかなか 定着はせず.....
今に至っているわけです。

きっと、これからも 怠けたい 気持はやってきて、
まだまだ ヨガ人にはなれそうにないでしょうが、
なんとか続けてゆける人でありたいと思います。





c0118526_12314245.jpg




咲く (ed. 125 11.5x17)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-21 12:35 | よしなしごと | Comments(0)

250 その時

 久しぶりに新幹線に乗りました。
長野新幹線の座席の背にあった車内誌に目を通していたら、
内館牧子さんのエッセイに、一撃され.... る。

チカラは出し惜しみしてはいけない!
「今度」とか「次の機会まで余力を残そう」とか
そんなコトを思っていても、そんな時が本当にやってくるか?!
そう、こんな時代、何があるか判りません。
不慮の出来事で 「次の機会」が急に無くなることだってありうる。

それは何も、仕事に対してばかりではなく、
人に対しても.......

こうして要略してしまうと味気ないですが、
そんな事が 心に滲みるエピソードと共に書かれていました。

仕事に対しては、比較的、出し惜しみしない姿勢で向き合っている
と、思うのですが(ほんとうか?....まあ....それなりに....)
人に対してとか場面に対してはどうなんだろう??

ひとみしり も手伝って、想うキモチをちゃんと伝えてない事も多い。
単なる あいさつ にしても、ちゃんと顔をあわせて しっかり
「ありがとう」や「お逢い出来てうれしいです」のようなことを
言っていなかったりする気がします。

後でメールや手紙をすればいいかな
そう思って、機会を逃し、出さずじまい
も多い。

出かけた先で、移動とホテルで充分な気がして、
「観るべきモノ」を観ずに帰ってくることも多い。
たくさん出歩かずとも やはり 「観るべきモノ」は観ておいた方が
よかったかな......と後々思うことも多い。

また来る ことはなかったりする場所はたくさんある。
また逢える ひと も少なかったりします。



こころを注げる時を 多く持てば
きっと 豊かな日々になるだろうな







c0118526_13255287.jpg






夜明けに (ed.125 16x23.5 )
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-20 13:29 | 日々 | Comments(0)

249 夢の彩 展

 11月20日(木)〜30日(日)、山口県の周南市にあるパレット画廊での
グループ展に参加します。

今回は、油絵などの作家の方々との展覧会なので、
版画作品ではなく 1点ものの作品を展示します。



c0118526_16554463.jpg
c0118526_1656454.jpg








もし、お近くの方がいっらしゃったら......
お寄り頂けるとうれしいです!
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-16 17:14 | お知らせ | Comments(0)

248 日々のリズム

 ここに引っ越して来てからずっと、
郵便屋さんは午前中に来ていました。

朝ご飯後にポストを覗き、今日届いた郵便物をチェックする。
それがここ10年来の一日のルーティンでした。

なぜか先月から配達時間が変わり、
午後3時くらいになってしまいました。
なんだか 中途半端な時間だ!

別に、ずっとそんな時間に届いていたのだったら
気にならなかったと思いますが、
10年以上、生活のリズムに組み込まれたものが急に予告も無く変わると
ちょっと戸惑います。

フリーの生活は、こういったモノが
日々のリズムを象っているのだなと思います。


慣れるまで
少し時間がかかりそうです。





c0118526_138195.jpg





月を待つ (ed.195 11x15)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-15 13:10 | 日々 | Comments(2)

247 1DAY TRIP

小雨の日、鎌倉へ向かう。
友人の版画家大庭明子さんの個展に伺うため です。


鎌倉はまた、懐かしい場所でもあります。
高校が その辺り(江の電の沿線でしたが)でしたので、
よく、鎌倉には出かけて四季折々を楽しんでいました。

ひさびさの「鎌倉」に緊張しつつも、
出かけに立ち寄った本屋で買った文庫本を手に、
またもや湘南ラインで すいすいと鎌倉に向かいました。
湘南ラインは早くて便利です。
新宿からは乗り換えがないので、本に没頭できました。

買った本は、
「インド夜想曲」。
インドの深層にふれるミステリアスな内面の旅行記。と帯にあるように
ちょっとシュールな小説でした。

そのシュールに浸っているうちに鎌倉に到着。
最近、高尾山に行った時に購入した 御朱印帳を手に、まずは八幡様へ。
鎌倉が身近であった頃は、八幡様に対し、こんな観光客気分には
なったことがなかったな....
改めて、そういった目でみてみると 素晴らしい神社です。


秋の行楽シーズンで人々がごった返すなか、
同行の地元の友人の案内で、
隠れ家テキな珈琲のおいしい静かな喫茶店で一休みしてから、
メインの大庭氏の展覧会へ向かいました。

彼女の暖かみのある作品は、いつも私を元気にしてくれます。
木版なのに 「和」っぽくない。
シンプルにそがれた版作りは、キモチの良い潔さとセンスのよさが漂います。

会場のに版画の中にモチーフとして出て来た 「hat」の大きいオブジェが!
おお!っと目を惹きます。





c0118526_1312467.jpg





小雨も 人ごみも あまり気にならない 
友との暖かい 鎌倉の 時を超えた様な一日に、
行き帰りで読み終えてしまった「インド夜想曲」のシュールも手伝って、
懐かしくも 嬉しい、豊かな旅の時間を過ごした気がしました。
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-11 13:20 | | Comments(4)

246 あたたかさ

 美しい字を書く人に憧れます。
美しい文字からは すっとした風が流れ、姿勢のよい人を思わせます。

子どもの頃から 悪筆コンプレックスです。

ギャラリーの入り口には、たいてい芳名帳が置かれています。
最近は、気軽な形式のものも多いですが、
たまに、結構式場などで見られる様な、
和紙をとじた立派なものが置いてあったりすると緊張します。

そんな場合でなくとも、
手紙などを書く場合、味のある(?)文字しか書けないので
情けないかぎりです。

しかし、メールの時代になっても、
手書きでないと伝わりずらいモノは確実にあると思います。

展覧会のDMなどに、本人からの手書きで
一言添えられていたりすると、ちょっと嬉しかったりします。

悪筆であっても きっとキモチは伝わってくれるだろうと
願いながら なんとか手紙を書く日々です。







c0118526_1234820.jpg




手紙 (ed.195 15x11)
[PR]
by malie134-HS02 | 2008-11-10 12:12 | よしなしごと | Comments(0)

245 あいさつ?

 窓辺にふと目をやると 
黄緑いろが 張りついていました。
木の葉?




c0118526_1222588.jpg



カマキリ でした。

こんなマンションの窓ガラスにやってこなくても
ちょっと振り返れば 木々が繁る神社もあるのに......

ツルツルに見えるガラスの上を
這って行くカマキリは、宇宙人の様です。

こちらの視線に気がつき 首をクルッと廻す様子は
昆虫とは思えません!








私が ちょっと他のことをしているうちに
カマキリは何処かに行ってしまったようでした。



季節の変わり目に 挨拶しに来てくれたのか? な。
[PR]
by malie134-hs02 | 2008-11-07 12:31 | 日々 | Comments(2)