ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

285 ルーリン彗星

 ラ行の音には、憧れがあります。
螺鈿、瑠璃、流浪...などと、漢字に表してみると
画数の多いものになったりします。

どこかミステリアスで儚い雰囲気になるので惹かれてしまいます。

今、地球に近づいている彗星の名がルーリン彗星
美人な名前です。

青紫のヒカリを放っているのでしょうか?(イメージ)

数万年に一度の大接近!....とてつもなく永い時間を旅している星なのですね。



漢字で書くと ルーリンは「鹿林」と、なるらしい.
........そうだったのか.....と、思った。

このところ雨続きで空模様がよく有りませんが、
観てみたいです。








c0118526_1226451.jpg





はこぶコトバ (ed.50 12x18(
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-27 12:32 | ステキ | Comments(0)

284 KOBO SYU

世の中には、すばらしいモノは 沢山あって、
どこかへ出かけて行っては、しじゅう
心地よく打ちのめされるハメになる。


浅草橋にあるマキイマサルファインアーツで行われている
工房集とそのなかま展」は素晴らしかった!

うまく言い表せませんが、
「ほんとう」がそこにあり、イキイキして光っていました。





c0118526_12374142.jpg



ああ、もう、完全に脱帽です.......とひれ伏したいキモチと共に
私はわたしで、出来ることを また、
頑張ってゆこう!という前向きなキモチにもなりました。



最近観たなかで、一番 ナニカをもらえた 展覧会でした。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-22 12:43 | ステキ | Comments(0)

283 さらにロシア.....

 そういえば、 ロシアアヴァンギャルド展では
フィルムも上演されておりました。

中でも、ソビエト初のSF映画「火星の女王アエリータ」
大変興味深かったです。



c0118526_1393251.jpg


1924年に制作された無声映画ですが、
火星人の人々のファッションや、ロボットの形がとてもモダンでステキです!
無声映画独特の動きと視線の運びにドキドキさせられます。


上映されていたものは、本編のほんの一部だったので、
全部観てみたいきがします。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-20 13:13 | ステキ | Comments(0)

282 ろしあ な想い出

 先日購入した、マツヤのロシアチョコレートを食べていたら、
自分なりの ロシアな出来事が想い出されました。


最初の海外旅行はLONDONでしたが、
「なるべくリーズナブルに!」との思いで、
選んだエアーはアエロフロートだった。
早い者勝ちの(チケットには一応NOは書いてあるのですが)
自由席の座席に、こわい位存在感のある大きなオシリのCA。
ザクロジューズを初めて飲んだのもこの時だった。
トランジットのモスクワ空港の売店では、
カラフルな編み込み模様の小物やマトリョーシカ。
ソビエト(その頃はまだソ連だった)のイメージとは遠い
乙女心をそそる数々の品が並んでいました。
その時買った 木製の塗りの大きなスプーンは
意外にもタフで、日常使いで熱いスープにも耐えられるすぐれものです。

飛行機を降りる時に奏でられるチャイコフスキー!!
とにいかく 初めての....人にはインパクト大な初ロシア体験の日々でした。


その後、
大分経ってから展覧会でリトアニアへ行く機会がありました。
独立後もまだ、ソ連の影は色濃く残っており、
人々の暮らしも不安定で厳しいなか、
リトアニアの作家の方と交流したわけですが、
食事は日に2度だとか、ロシアカトリックと彼らのカトリックとは
非常に違うのだとか,ある作家の男性はロシア時代シベリア方面に行かされ、
日本海でカニやウニを採ることを強要されていて辛かったとか......
とにかく、これもたいへんインパクトのある貴重な体験の日々でした。

そんな中、能天気なことに
単に美しい....と思って買ってしまった
(実際、レートをちゃんと把握していなかったこともあり)
総琥珀ばりの手鏡。
その頃のリトアニアの人には、ありえない価格だったのでしょう。
呆れられました。
でも、それはそれで良かったなと今では思えます。



パラジャーノフの「ザクロの色」も
美しい映画だったと想いだされます。
この人の人生も相当過酷であったと聞きます。




マトリョーシカの形にしろ、
ロシアものには 所謂「かわいい」ひらがなな感じのするものが多いです。
マツヤのチョコレートも箱入っている12個のチョコ全部の包み紙の色と模様が
異なります。こんなに かわいいモノたちが、
ソビエトだったりロシアだったり 、
今ではヨーロッパよりずっと「外国」な地に
沢山あるのが少し不思議な気もします。

そこが「外国」のガイコク感たる由縁でしょうか。








c0118526_1385449.jpg






ほろにがいチョコが運んだ ろしあ な記憶........
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-17 13:20 | よしなしごと | Comments(4)

281 ロシアな一日

 母が、「観たい絵がある」というのでさいたま県立近代美術館へ、
ロシアアヴァンギャルド展を観に行く。


なぜだか?母の観たかった、バラを手にした婦人の肖像画は展示されておらず、
せっかく 来たのにな....と、少し残念でしたが、
変わりに、同じ作家の描いた 鹿の絵を観られました。
母も、鹿で、満足していたようでした。

更にその日は、
ちょっと眠たい音を出す、
マトリョーミンの演奏も行われていたし、
美術館のレストランにはボルシチもある。
そして、
兼ねてから私が、取り寄せてみたいと思っていた
「マツヤのロシアチョコレート*マト箱入り」も
ミュージアムショップで購入する事が出来ました。




c0118526_2391924.jpg




美術館のある公園の片隅で、
散り始めた梅の木に出会えました。
梅にも間に合ったし、
はるばる 出かけて行ってよかった です。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-15 23:17 | ステキ | Comments(2)

280 春?

 強い風が吹いて 日差しが暖かくなっている。
立春も過ぎたし、春到来ですね。
わくわく より、今はなんだか焦る気分です。

もう、だいぶ前に、友から梅満開の頼りも届いていたな。
......梅の花、見逃しています。
外出はしているのに、自分のキモチがバタバタしているので
景色を観ていなかったのでしょう。


天気が良いので、
まだ どこかに咲いている、梅の木を捜しに行きたいと思う日です。








c0118526_11524838.jpg




オレンジの風 (ed.95 11x12.5)
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-14 11:57 | よしなしごと | Comments(0)

279  暖をとる

何度でも繰り返し観たくなる映画があります。

特撮などはいっさいなく、全体がしっとりとキモチの時間で流れてゆく
そんな 映画が観たい時、
バグダッド・カフェは、そのひとつとして選ばれます。


寂しさを優しさや明るさに変換して
コミュニケーションしてゆく人はステキだなと、思います。



寒い時に、ともすると心が閉じてしまいがちになるので
この映画を観て、
また ちょっと 気持を暖めてみる。






c0118526_12422448.jpg




とどく日 (ed.195 11x15)
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-11 12:45 | ステキ | Comments(0)

278 トルネード襲来



c0118526_20122876.jpg



ここ2ー3日、こんな車が マンションの前に居座っています。
昭和のSF映画に出てくる様な 感じ。

風の谷のナウシカの 蟲 を思い起こさせるところもあります。
時おり「ヴォーン」とうなり声をあげたり、灰色の煙を吐いたりして
道行く人誰もが、注目せずにはいられない
そんな やつです。


マンションやビルの配水管ライニング工法をする車ートルネードです!
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-07 20:21 | よしなしごと | Comments(2)

277 ちいさきもの

 いつからか 家に居る 多肉植物。
考えてみると。名前も知らないのですが....
(今度、調べてみます。 もし、どなたかご存知なら教えてください)




c0118526_12383592.jpg




この時期になると、
ちいさな 黄色い花をたくさんつけます。
今年は少し すくないけれど......

一生懸命咲いている姿がカワイイです。

ナニモ ナニモ チイサキモノ ハ ミナウツクシ です。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-04 12:41 | 日々 | Comments(2)

276 逢いたい顔

 秋に腰の状態が、あまりよくなかったので
ヨガのフルプライマリーを休んでハーフ
(といっても全体の2/3のポーズ)のクラスに出席していました。

もともと、非常に身体が硬いうえに、
版画の辛い肉体労働で、かなり負担をかけていたため、
歪みのひどい肉体を持つ私には、
ハーフで充分学べる.....
いえ、スリアナマスカーラAとBだけでも、すでに充分な気もしていました。


しかし、
次に挑戦してみること や 頭で考えず動く事 も
大切なので、フルに挑戦しなくてはと思います。


ずっと フルのクラスを休んでいたので
なかなか復帰する勇気がでませんが、
その時間、その場所でしか逢えない方々がいます。
たくさんお話したりした訳ではなくとも、
ずっと、同じように練習してきた方々なので、
私には 同士のように思え、
クラスで逢って、微笑み合うだけでも、
励まされたりしていました。

みなさん元気でフル続けていらっしゃるのだろうな.......

また、逢いたいな
というキモチが、復帰する勇気を与えてくれます。

次は、頑張って、またフルのクラスにでてみよう!





c0118526_12241921.jpg







帰り道のコト  (ed195 16x20)
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-02-02 12:30 | よしなしごと | Comments(0)