ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

341 キョウ か アスカ?

...と問われれば、
私はだんぜん 飛鳥です。


c0118526_15561929.jpg


天平の夕焼け のような 厳かな 夕暮れの空。
奈良は 空の美しいところ だなぁと 思います。


ここ2、3年、夏の奈良に行くのが 私の恒例行事となっていますが、
毎回、アタラシイ に触れることになります。

なにか 軽いショックのような、
でも、前から在るモノのような、
ふしぎな あたらしい風が 自分の中に吹いてきます。



c0118526_1611440.jpg



ちょうど 地蔵盆の元興寺に出会えたのは、今回嬉しかったコトのひとつです。
日本最古の本格的寺院のひとつであったとは....
法隆寺が一番古い寺...と、勝手に思い込んでおりましたが、
現存する建築物としてであって、建てられた寺院としては元興寺のほうが
幾分古いのだ。飛鳥時代の瓦が今も残っているそうです。

月日は 時間は
積み重なって 繋がっているのだなぁ。


法隆寺の、夢殿に続く道に入った時の
何か、違う時代に急に、タイムスリップしたような
不思議な空気感も
時の繋がりのなせる もの?

今 自分が生きている時代は
その積み重ねの地盤によって 成っていると思うと
しっかり足を地面につけて 歩かなければ
と、思う。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-30 16:21 | | Comments(2)

340 ちかく の とおく

 悩んだ時は、とりあえず外出してみろ!
の教えに従い、近所散策の旅に出てみる。

「教え」の看板は見当たらなかったのですが、
公園には、木々や野草の名前の札、
噴水の水音、渡る風
きれいな青の鳥の姿

自分を縛っていたモノ を解き放して行きます。

何時までに コレをやらなきゃ....
などと、勝手に作り上げた タイムテーブルの呪縛は
根強いけれど、
もっと ゆったりと 時は流れているのかもしれない
と、気がついたり。



わざと
道に迷ったりしながら
「とりあえず 外出」の教えは 素晴らしいなぁと
微笑んで帰宅する。


次に公園に行く時は
本やお菓子など持って、
もっと ゆっくり過ごしてみようと思います。



c0118526_17561860.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-27 17:56 | | Comments(2)

339 NEWなもの

 輸入雑貨屋さんで
新しい 霧吹きを購入しました。

紙を湿したり、雁皮刷りの時、
室内加湿のときなどに 使っています。



c0118526_1294421.jpg



さりげないモノ ですが、
新品は、一気にアトリエ内に 
新しい空気を運んできました(少し大げさ?)。


でも、
なにか うれしい。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-22 12:12 | よしなしごと | Comments(2)

338 木々をわたる風

 都内には 庭園がけっこうあります。

国分寺駅近くにある殿が谷戸庭園は、こじんまりしていて落ち着く
好きな庭園のひとつです。

庭園のなかの小高いところにある あずまや に座って眺めていると、
ここが 街中であるのを 忘れてしまいます。


紅葉の葉の細かい陰影をゆらしながら
わたってくる風が 気持よいです。



途中にある
ちょっとした竹林の小径も 好きなポイントです。


c0118526_11245852.gif






何か

静かになりたいときに

行ってみたくなります。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-20 11:26 | | Comments(0)

337 海からの風

 ここ数日、よく晴れた日が続いています。
暑いのだけれど、とてもよい風が吹いてきて
なにか、爽やかです。


街を歩いても
心地よい向かい風。
見上げると あおい空。


こんな時、
ふうっと 海の風景が浮かびます。



爽やかな 向かい風の中を歩く時
海辺を歩いている様な気分になります。





c0118526_16363100.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-17 16:36 | よしなしごと | Comments(2)

336 大きな木

 私の部屋からは
向かいの神社にある 大きな木たち が見えます。
欅や銀杏。
きっと、20mはゆうに有るでしょう。


先日観たTV番組で、
ドイツのヂュッセルドルフにある樹齢200年のセイヨウトチノキ
のことをやっていました。
草原に立つその巨木は 特別な樹木として 登録され、
名前や住所を持っていました。


日本には、
そのくらいの巨木は、各地に沢山あるような気がします。

目の前のこの欅たちも
きっと200年くらいは生き続けていそうな気がします。
名前も 特別も ないけれど
ずっと、そこに 居たのですね。

そして、たくさんの人や たくさんの出来事を
見守ってきたのだろう。

窓からの風景も 少し違って見えてきます。


すごい な。




c0118526_14165125.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-14 14:20 | 日々 | Comments(0)

335 MILK味ーその2

 限定MILKYには今まで
いちご、パイン、もも.....などフルーツ味のものが多かったのですが、
ふと見たら、「しお」というのがありました。

包み紙もブルーで
ちょっと夏仕様。


汗をかいて、塩分が不足しがちな夏には
MILKYで塩分補給?




c0118526_21304235.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-12 21:31 | よしなしごと | Comments(2)

334 あたりまえ への道

 ヨガでは
たびたび 暗闇?に.... 洞穴?にはいりこむ......
そんな大げさな感じでなくても
なんとなく 辛い感じに....
陥る時期があります。

そんな時は、
今、出来るコトをやる。
もしくは、 しばらく なにもしないでおく。
などという手段で、 なんとか切り抜けてきました。

でも、
未だに 愉しむ 境地には ゆけないでいるな.......。


ここずっとの
何か ちょっと辛いかんじ は、なかなか手強い。
それでも、まだ やってみたい! 
と思っている自分の中の ナニカを信じて

なんとなく.....

良く、判らないので 今は なんとなくでも良いのかな?
と、思いながら
続けてみています。


いつか
もっと、 ヨガする自分が
ふつう になるとよいなぁ と、思いながら。










c0118526_1832399.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-10 18:33 | 日々 | Comments(0)

333 芝居国への旅ガイド

 友人のイラストレーター辻さんの、歌舞伎本が出版されました。

歌舞伎にすと入門 知る観るKABUKI100のツボ

辻 和子 / 東京新聞出版局



歌舞伎の本としては、以前に出された「恋するKABUKI」につづいて2冊目の著書です。

単なる歌舞伎のストリーや見どころなどを説明したモノではなく、
初心者にも ぐっとくるような(興味をもてる様な)視点からでの紐解き。

たとえば......
究極の再現ドラマ  ラッパーも驚くリズム感 「実盛物語」
とか
意外性で魅了「忠臣蔵」 刃傷の原因は女性問題?
など。
「田舎」を示すアイコン わらび模様に緑の着物
には、 そうだったのか! と、納得。



子供の頃から 歌舞伎ファンであった彼女の
引き出しの多さと 知識、確かな目などから 繰り出される文章に
あっと言う間に 楽しく読ませて頂きました。

少し 予備知識があると、
さらに歌舞伎が楽しめるなぁ と また、歌舞伎を観に行きたくなりました。



絵だけでなく、 文章もステキに書けるヒトってすごい!!


一見、敷居の高そうに思える 歌舞伎鑑賞を 
異次元空間へのツアーのように 愉しむためのガイド本として
おススメです。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-08 13:23 | ステキ | Comments(2)

332 海のキリン

 お台場に行くと
キリンがたくさん 佇んでいるのが見えます。


c0118526_1211862.jpg







私は、 この風景がなんとなく好きです。

首を伸ばしたのやら ちょっと前かがみのやら

海のキリンは 何を 眺めているのだろう。
[PR]
by malie134-HS02 | 2009-08-06 12:16 | よしなしごと | Comments(2)