ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

470 むすぶ

 前にも書いたようにヒトミシリです。
ですから、すすんで出向いて人に会いに行ったりは
どちらかというとニガテです。

そんなコトでよく
フリーの仕事を続けられたなぁと
今までのLUCKYに感謝する日々です。


私に出来ない 人付き合いを
作品が取り持ってくれていて
私と 誰かの間に立って 結びつけてくれている。

そんなことを 今回の個展でも感じ 
あらためてまた、うれしく思いました。





c0118526_11344854.jpg



キモチふりそそぐ(ガラス絵)
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-28 11:37 | ステキ | Comments(5)

469 ひとり ヒトリ

個展会場の自分の作品たちは
自分が創ったモノではあるが
でも、
ナニカ もう、私からは独立していて

ひとり ヒトリが
それぞれの世界を持って存在しています。

出逢った人と
密かに目配せして 飛び立っていったりします。


すごく
不思議で頼もしい。


この期におよんでは
私は ただ それを見届けている人です。
いや、
しっかりと 送り出している人なんだろう






c0118526_23431120.jpg




antenna (ed.25 15.7x17)
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-25 23:44 | よしなしごと | Comments(0)

468 ハ レ

 清々しく
NEWsで言うところの「絶好のお出かけ日和」となった本日。

さすが 晴れ女!
と、自画自賛してみる。

個展は何度も経験しているので、
もう、とても緊張したりはしませんが、
初日はやはり
ちょっと特別な気分になります。


今回も
また、いろいろな方と
出逢えたらよいなぁ。



駅から少し遠いのですが........
大森のレトロな商店街を愉しみつつ
お越し頂ければ うれしいです。


どうぞ よろしくお願い致します。




c0118526_11474494.jpg



旅をする うた(ドローイング14x15.5)








個展会場ギャラリーOII
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-23 11:49 | 日々 | Comments(4)

467 道

「道は後ろにもある」と、
ある方の文章にあって

その文章を読んだとたん、
ああ、そうだった 
自分の前方にあるのだけが道ではない 

なんだか すっとヒカリが差したような そんな感じがしました。


実際に、道に迷ってしまった時ですら、
来た道を戻るのを躊躇うような自分である。
「やり通す」ことは得意でも、
「ちょっと違うかな」と感じた時点で、
さっさと修正したり出来ないナニカの想い
それはきっと、頑固なだけなのだろうけれど
スッキリしない気分になってしまうのだ。


でも、
後ろ側の道を選択する と考えれば
納得はいきます。


そんな手順を踏まなくとも

俊敏で身軽な人になりたいのだけれど


c0118526_22405222.jpg



日付の 変わる前 に (ドローイング23.5x17)
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-21 22:44 | よしなしごと | Comments(0)

466 それは いつも

なにを隠そうヒトミシリです。

時に、良く知っている人にさえ、
たまに待ち合わせたりするとき、最初の1時間くらい
ヒトミシリしてしまい 変に固い表情で無愛想だったりし、
後で落ち込んだりしています。

辞書で「人見知り」をひくと、
見知らぬ人を見てはにかんだり、嫌ったりすること。
と、あるが、
私は別に見知らぬ人を嫌っているわけではない。

そして
ヒトミシリというのは
見知らぬ人限定だとしたら。。。。

これはいったい
なんという症状なんだろう。




c0118526_16345278.jpg




音のない音と (ドローイングon和紙 45.5x61)
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-19 16:38 | よしなしごと | Comments(0)

465 hi mi tu

今回の個展に展示するドローイング作品のひとつに
ヒミツが隠されています。

オイルパステルや水干絵の具を
メインで使用して描いているのですが、
実は
ベースに版画が隠されています。

c0118526_1342436.jpg


言葉を埋めに来る ところ (53x93)




銅版インクの盛り上がりとして
わずかに気配を残す下地としての銅版画。
でも、この下地無くしては、上の色は出せないのです。
目には確かに見えない効果ではあるけれど
「厚み」というのは
人にしても こういった 色にしても
そこはかとなく 漂うものだと思います。


秘密をもっているヒトは美しい。。。。。

この作品も、そんな風に 存在出来るとよいなぁ。
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-17 13:12 | 展覧会 | Comments(0)

464 再会の森

 10/23〜30まで 大森のギャラリーOIIにて個展です。

今回は珍しく1点ものがメインです。

ミクストメディアのドローイング、ガラス絵、小さいオブジェなど



c0118526_21402337.jpg





テーマの”再会の森”は、

過去に出逢った人達がまた出逢える。
そんな時間  そんな場所  そんな場面。

いつかの自分や あの日の空気

それを閉じ込めて
そしてまた 次に出逢える 予感をこめて。




そんな 空間にしたいと思っています。
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-13 21:42 | 展覧会 | Comments(0)

463 3D

日ごろ作品のなかに潜んでいるカタチを
立体化してみました。

ずっと、
粘土のような柔らかい素材は、
手に力が入り過ぎてしまう私には
難しい素材でしたが、

今回なぜか わりと馴染んでくれました。

相変わらず
チカラは入り過ぎてしまうのですが
気がつくと掌から湧き上がってきたような

そんなカタチになっていました。




c0118526_11592742.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-10 12:00 | 展覧会 | Comments(0)

462 とつぜんに 

 街路樹の脇に
ひとむら 彼岸花が咲いていた。

この前まで そんな気配は少しもなかったのに
今日、通りかかったら 燃える様な赤で
咲き誇っている。

窓を開けると
どこからか 甘い薫りが漂ってくる。
キンモクセイ。。。。。

今年はなんだか 一段と香っているようだ。

先日までの
あの暑い日々がウソの様に



もう、秋らしい日々など 今年は来ないのかと
思っていたけれど
この セツナイ香りは 秋そのものだ。



なんだかとても
ほっ と しました。




c0118526_16455942.jpg


私たちは きっと (ed.20 39.5X16)
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-05 16:47 | 日々 | Comments(0)

461 第55回CWAJ現代版画展

毎年、東京アメリカンクラブで行なわれる
CWAJ現代版画展が、10月15日(金)より始まります。

今回の私の出品作品は


c0118526_1213668.jpg


Rainy Forest (59X42.5)


アメリカンクラブは、
なかなか行く機会の少ない場所だと思います。
そんなステキな場所での版画展。
ぜひ、ご覧下さい。

この展覧会は、23日より神戸の外国倶楽部でも開催されます。


c0118526_1245634.jpg



10/15(金)10~20時まで
10/16 (土)11〜18時まで
10/17 (日) 11〜17時まで
入場無料

東京アメリカンクラブ  港区高輪4-25-46
[PR]
by malie134-HS02 | 2010-10-01 12:13 | お知らせ | Comments(0)