ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

494 優しい ことば

天命反転住宅ワークショップ体験の後、
「死なない子供」を 観に行きました。


レイトショーで観る という
何かちょっとワクワク感と、
バウスシアターの狭い空間での わくわく感が相俟って
その時間は 濃度の濃いものでした。


荒川修作は
人間に対する愛の 強い人なんだな。。。

彼の吐き出す コトバは
想いの伝わらないもどかしさ で
時には強く飛び出して来る。
でも、
それは パズルみたいな カタチをとっているので

うけとめる 土台のない所へは
はまってゆかない 。


「言葉を信じちゃいけない」とか
「哲学はウソである」とか
字面や言葉の上辺の心地よさでしか話しをしない人々には
通じない言語で発せられていると思った。


私なりの解釈でしかないけれど



同じような(というのもオコガマシイけれど)
不自由さを感じて生きて来た 年月。。。

ああ、

そういう モノなんだな

と 思ったりもした。

深いキモチ を廻りに上手く説明する術を持つことよりも

熱いキモチ をkeep していれば 
OKかもしれないとも。。。



ほんとうに優しいコトバ は

判りにくかったり

するのではないか





c0118526_14302092.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2011-02-21 14:31 | よしなしごと | Comments(0)

493 天命反転住宅

「三鷹天命反転住宅 」
とか
「養老天命反転地」とか
聞き慣れない漢字の 何かうさん臭い雰囲気とは反対に

その建物は とても健全なヒカリを放っていました。

私が訪れたのは三鷹天命反転住宅ですが。。。

荒川修作のこの作品には、以前から興味があり
ぜひ観てみたいと思っていました。
こんなに近くにその一つがあったなんて、
不覚にも最近まで知らずにいました。

誰かがささやいた一言で
そこでワークショップが行なわれていることを知り、
早速参加してみた訳です。


c0118526_16495358.jpg



カラフルに塗られた壁、変わったカタチの部屋
でこぼこの床やちょっとナナメな天井。

その不思議な部屋では
どうやっても 長生き なんて出来そうにないけど。。。

ウェブで見た限りでは、そんな風にしか思えませんでした。


「体験する」はスゴイ!!
そして ちがう!!!




本当の心地よさは 甘やかされた環境にはないのだな。
(人に優しい とかって 平なコト ではないよね)


横並びの言葉 や優しさ に
ちょっと 心地悪さを感じていた今日この頃

触ってみる  感じてみる
時間を費やしてみる
それが どんなに大切なコトか

実感した 貴重な時でした。
[PR]
by malie134-HS02 | 2011-02-15 17:00 | ステキ | Comments(0)

492 碑文谷美術倶楽部

 グループ展のお知らせです。

碑文谷ダイエーの近くの
とってもオシャレなギャラリーRISE GALLERY
11人の様々なジャンルの方々とのグループ展です。

私は版画の小品を5点、展示する予定です。


c0118526_14594910.jpg



2月9日(水)〜21日(月)
15日(火)はお休みです。

11時〜19時

RISE GYALLERY
目黒区碑文谷4-3-12 1F
03-6303-3986



お近くの方はぜひ!!
よろしくお願いいたします。
[PR]
by malie134-HS02 | 2011-02-04 15:05 | お知らせ | Comments(0)

491 飛ぶ かんじ

 新幹線の車窓から
ずっと外の景色を眺めていたりするのが好きです。

旅に出る時は必ず、
文庫本を持って出かけるのですが
新幹線に乗ってしまうと、
そして、その日がよい天気であったりすると
外の景色を眺めてしまう。

何度も通っている路線であっても、
季節によって色合いや趣きは違うので
見飽きることがありません。




つい先日、
新大阪までの のぞみ の車窓

東京は快晴の寒い日
突然の雪景色!!

とても遠くの雪国まで来たような

c0118526_221564.jpg



そして 数分後
雪景色はふう〜と消えてしまう。

まるで少しの間
どこかにワープしていたように。


飛行機よりも 飛んだ感じがしました。
[PR]
by malie134-HS02 | 2011-02-01 22:05 | | Comments(0)