ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

752 ひとひら

今日はずいぶんと暖かい日でしたので
窓を開け放していました。
気がつくとひとひらの桜の花びらが舞い込んで来ていました。

今日の私は何かと良いところがなく
何だかやりきれないキモチでいたのに
それだけで、
桜ひとひらだけで
シアワセな気持ちになれました。


まだ、お花見には行っていないのに
桜はスゴイね!





c0118526_20424665.jpg



いくつも いくつも (ed.30 16.7x20)
[PR]
by malie134-HS02 | 2015-03-31 20:44 | ステキ | Comments(0)

751 忙しい人

「忙しい」という表現は
自分の状態について使用するのは違うな
と私は思っています。
大人はどの様な立場の人も少なからず忙しい。
ですから、何かを断るときに
「忙しいので」と言うのは相手に対して
私はあなたより忙しい。。という雰囲気を感じさせてしまいがち
なので注意しています。

往往にして、
本当に忙しい人達は
余りそのような表現はしないように思われます。

「忙しい」とか「時間がなくて」などと言ってしまうのは
初めからそのコトに興味がないのでは。

そんな風に感じられるので
私は「忙しい」という表現には
わりと注意を払って、
自らに対しては使わないよう心がけています。

些細なことに拘りがちですが。。。




c0118526_1325659.jpg



ひっそりと (ed.20 26x16)
[PR]
by malie134-HS02 | 2015-03-23 13:06 | 日々 | Comments(2)

750 たまには休む

私は比較的自己管理の出来るタイプだと
自負しています。
なにしろ、通信教育を最後までやり通したり
出来ますから。
ですがたまに、
計画通りコツコツ進めていると急にその流れを
崩壊させてしまいたくなります。

何か「気に入らないコト」をわざと見つけて
それを理由にキチントの流れを止めたくなるのです。

高校生の頃は
そうやって「明日は学校を休もう!」と度々
自分リセットを試んだ覚えがあります。
明後日にはきっとキモチが新たになっている!と
そう思ってのコトでしたが、
大抵はそれは上手くゆきませんでした。

今では
その原理は充分解っていますが、
何かの拍子にダメなキモチになる自分は
認めようと思っています。

自分自身でも自分はそう上手く操縦できるものでもない。
訳のわからないムダをしてしまう
仕方のないモノであるのだ。



c0118526_13343623.jpg



つぶの ヒトツブ (ed.15 51x70)
[PR]
by malie134-HS02 | 2015-03-19 13:36 | 日々 | Comments(0)

749 鳥の声

今日はとても暖かい日。
アトリエへ向かう道沿いの家々の花も
咲き誇って嬉しそうです。

どこからか鳥たちの声もたくさん聞こえて
春の訪れを楽しんでいます。

近頃は家のあたりでは
雀の姿もあまり見かけられないので
こうして様々な鳥の声を聞けるのは
なんだかほっとします。

和やかな日が嬉しくて
少し遠回りしてみました。




c0118526_14594244.jpg



ねむい朝  (ed.30 46.5x24)
[PR]
by malie134-HS02 | 2015-03-17 14:58 | 日々 | Comments(2)

748 シカ

鹿すきです。
と、そう言っていたら
いつからか友人達が鹿にまつわるモノを
送ってくれるようになりました。

昨日も
スノードームに閉じ込められれた
こんな愛らしい鹿を送って頂きました。
早速アトリエの刷り台の前に設置。

ただいまチョット辛い刷りをやっているので
見守ってもらうことにします。
疲れた時は
そっと振って雪を降らせてみます。

もう、春だけれど。。。







c0118526_16432728.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2015-03-07 16:44 | ステキ | Comments(0)

747 ムスカリを買う

子供の頃に水栽培を観察する
という宿題が出たことがります。
ヒアシンスかクロッカスの球根どちらかを選んで
家で水栽培し、それの観察日記をつけるのです。
私はクロッカスを選びました。

その細くて繊細な感じのする葉や
紫の花の様子が好きだったこともありますが、
何より水栽培用のガラス容器が美しかったので
それが気に入って
断然クロッカスを育てたい!と思った覚えがあります。

小さい深い紫色の瓶の様子は
なにか魔法の器のようで大好きでした。

大人になってからも
冬になるとその事を思い出して
クロッカスの水栽培をしたいな
と、思ったりしていましたが、その時のようなこころ惹かれる器は
あまり目にしたことがなく
しばらく水栽培はしていませんでした。

先日、
通りかかかった花屋にムスカリの水栽培があり
その器は紫色ではなかったけれど
薄いガラスの小さい瓶と
ムスカリの薄紫が気に入って買い求めました。

今、
細かい鈴が小さな音をたてるように
ムスカリが部屋で咲いているのを嬉しく眺めています。

来年は
この器にクロッカスを育てたい。





c0118526_14341612.jpg




永い時を 旅して (ed.25 66x47.5)
[PR]
by malie134-HS02 | 2015-03-04 14:35 | 日々 | Comments(0)