ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

854 夏

8月が終わります。
夏休みなどない私でも、7月、8月の夏感溢れる頃は
何か特別なキモチになります。
海へ行かなくとも、バーベキューなどしなくても
日々、銅版画を刷っていても
蝉のしきりに鳴く声を聞いているだけで
夏を満喫できます。
そして
同じように気温が高く暑い日だとしても
9月という垣根を越えてしまうと
何故か「夏」な気分はサぁ〜と去って行ってしまう。

夏最後の今日も
相変わらず蝉の鳴きしきる声のなか
刷りに励んでいます。

ちょっとセツナクなりながら。。。





c0118526_13241760.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-31 13:25 | 日々 | Comments(0)

853 オシャレな1日

庭園美術館へ「こどもとファッション」展を観に行きました。

蝉の鳴き声シャワーが気持ちの良い林を抜けると
旧朝香宮邸があります。
室内装飾はアールデコ洋式で、すみずみまでお洒落極まりない。
その空間に手の込んだ美しい色合いデザインの
小さな洋服たちがおしゃれに展示されていました。
洋服だけでなく昔に出版された印刷物の展示もあります。
日本の作家の武井武雄や初山滋は憧れです。
その頃彼らが手がけた本たちの、
そのデザインがまたお洒落でため息がでます。
何故今はこのようなモノが作れないのだろう?と
本当に残念に思います。
美は効率やニーズや人気とはちょっと斜めな角度で
存在しているのだろうな 。

ファッションがテーマの展示なので
観に来ている方々もオシャレだったのがまた
素敵でした。

ひと休みに寄ったカフェも
庭がよく見える居心地の良い空間で
出されたお水のカップさえもオシャレでした。



c0118526_14262966.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-26 14:29 | ステキ | Comments(0)

852 勝負

日々熱戦が繰り広げられていたオリンピックが閉会しました。
スポーツは全く得意ではありませんし、
特定のスポーツに興味をもってはいませんが、
イベントとしてのオリンピックは楽しみました。

スポーツ選手の日々の精進やその場の頑張りは感動を呼びます。
同じように作家も日々、到達地点に向かって精進しています。
そして闘っています。
けれどその相手は自分自身だったりするので
終わりはありません。
明確な勝利ポイントもありません。
ある時点で「今回は勝ったな!」と思っても
次の日には「あれは勘違いだったか。。。」
と打ちひしがれたりします。

オリンピックの闘いのように
数値で判断できてメダルがもらえたりするのは
少し羨ましい。

いつもスッキリしない闘いの日々
今日もとりあえずスタートラインについてみます。



c0118526_12105875.jpg






光のかけらーアツメル   (ed.20 61x45.5cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-22 12:14 | よしなしごと | Comments(0)

851 夏の刷り三昧−2

相変わらず制作の日々です。
今、手がけているのは名古屋の画廊のお仕事で
大手企業の為の作品のプレゼン用の作品です。

昨今は学校での授業でも音楽や美術などの芸術関係の授業は、
コマ数を減らされています。
ましてや企業が芸術をサポートするなどの分野に資金を出したりは
本当に珍しくなりました。
このように大手の企業が毎年ずっと、
版画作品に興味を持って買い上げて下さるのは
なんて素晴らしいコトだろうと思います。
その企業の姿勢を尊敬します。

何よりこの企業はコンテンポラリーの作品に
興味を持って下さっていることに
さらに嬉しく感じています。

連日の刷り作業で疲れも出てきてはいますが、
気持ちは上向きで一段とはりきっています。





c0118526_21384580.jpg


樹を見に行く
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-19 21:39 | 日々 | Comments(0)

850 夏の刷り三昧

世間では夏休みの昨今、
フリーのお仕事に休日や祝日はあまり関係はありません。
むしろこの時期は私にとっては秋の展覧会シーズンにむけて
どちらかというと休んではいられない
一年でも割と忙しい時期となっています。

只今、年末恒例の日本各地で行われる
リトルクリスマス展向けの作品を刷っております。
今年もこの展覧会用に3点制作いたしました。
その中から1点を選ぶわけですが、
キメテはなかなか難しいです。
それでも四苦八苦してやっと選んだ1点を
今、せっせとエディション刷りしています。

猛暑のなか
汗を流しながら刷る作業は嫌いではありませんが、
不注意で手首に火傷を負ったり、持病の腰痛が悪化した中での
エディション刷りはなかなかキツイです。

けれど
仕上がって一つひとつプロフィール用紙とともにセットされて
各画廊に送られてゆくことを想像すると
やり甲斐があります。
また、他の作家の作品を拝見するのも楽しみです。
いろいろ楽しみに明日も頑張ります!


今年の作品のテーマは「庭」です。
作品についての詳細はまたUPしたいと思います。




c0118526_220047.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-10 22:02 | 日々 | Comments(0)

849 写ると写す

写真がニガテです。
写るのも撮るのも。

写る場合、
シャッターが降りるまでの時間が耐えられません。
子供の頃からとても嫌でした。
また、たいがいは「これは何のため?」
といつも目的がわからなくて腑に落ちないですし。
思い出として とか 記録とか言っても
大抵撮ったまま蓄積されるかゴミ箱にゆくかではないのかな
と思ったりするとムダな感じが否めません。

そんなコトを深く考えず
とりあえずニコッと微笑んでみればよいのだろうけれど。
なんだかその微笑みの奥にあるキモチを想像すると
恥ずかしくなってしまうのだ。
セルフィー満載の昨今、
仕事の場面ではなるべく対応してはいますが
極力そんな機会を少なくしています。
失礼に当たらないよう気をつけていますが、
そのあたりのヤミが深い人なんだな
とご理解頂けるとありがたいです。

撮る場合も
被写体に無で向かうコトができないので
撮ろうとしている自分がはずかしくなってしまう。
シャッターも力んで押してしまうので
ブレた写真しか撮れないので誰かの写真をとってあげるのも
上手く撮れないので断りたい。。。

とにかく「写真をとる」場になるべくいたくないと思っています。
作品としての写真は大好きですが。





c0118526_15392862.jpg




せせらぎ  (ed.20 9.8x26cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-08-07 15:41 | よしなしごと | Comments(0)