ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

945.妹

妹がlondonへ帰ってゆきました。
この3週間、個展や他の展覧会でバタバタするなか
なるべく彼女を楽しませようとしてきたので、
帰ってしまった今は疲れが出て微熱をだしています。

妹は
私とはまるで違うタイプで
健康でスポーツ万能、早起きで器用です。
人の話は聞かず、都合の悪いコトには口をつぐむ。
生きるチカラに満ちている。
人を頼る術も心得ている。
海外でも立派に生きて行ける強さと社会性を持っています。
同じ親から生まれたとは思えぬ生き物だ。
たぶん、
肉親でなければ友達などとして付き合うコトはないだろう人。
そんな風に思うけれど
母親代わりとして妹と過ごした日々が、
「いつも気になる守らなければならない存在」として
今も私の中に存在しています。

帰ってしまって、
やっと自分のコトに集中できる!とホッとしても、
まだ「今回は楽しかったのかなぁ。。」などと
しつこく気掛かりではあります。

無事到着のlineが届いて
いつもながらの短文に少し
寂しく思ったりしています。


c0118526_16235181.jpg





忘れぬように と  (雁皮紙にドローイング  5x5cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-30 16:25 | よしなしごと | Comments(0)

944.CWAJ展

10/25(水)〜29(日)第61回CWAJ現代版画展
代官山のヒルサイドフォーラムにて行われます。
此の展覧会の売り上げは全額CWAJ奨学金と
福島支援プロジェクトの資金となります。
様々な技法の版画作品、
そしてキャリアの異なる作家の作品が一堂に会すので
とても興味深い展覧会だと思います。

今回の私の作品は珍しいターコイズの色使い、
「花咲く 空へ」が展示されてます。
ご覧いただけれと嬉しいです。

11:00~18:00 (最終日17時まで)
東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟



c0118526_14481351.jpg




花咲く空 へ (ed.30 30x47.5cm
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-25 14:52 | お知らせ | Comments(0)

943.茅ヶ崎

妹が1年ぶりに帰国しています。
私とはほぼ4っつ違いの彼女は、
20代始めにロンドンに行ってしまってからはずっと
海外暮らしです。
あちらで働き、家庭も持っているので
もうすっかりイギリス人になってしっています。

そんな妹が、
今回の日本滞在では茅ヶ崎に行ってみたいという。
茅ヶ崎は妹と私が子供のころ育ったトコロです。
生まれたのは二人とも横浜ですので
其処で過ごしたのは6−7年。
子供の頃の6年は長く重要な時間ですが、
私たちにとっては様々な家庭の事情で
決して平穏な日々ではありませんでしたので、
その期間を妹がどのようにキオクしていたのか?
今まで気掛かりではありました。

その頃の私は、
姉として妹に寂しい想いや不自由なキモチにしないよう
子供ながら頑張っていました。
そんな日々を妹が懐かしく、そして楽しい想い出として
今も抱いていてくれたのは
姉としてとても嬉しい。
私にしても、
妹との茅ヶ崎の想い出は決して辛くなく、何か充実していて
本当に明るい日々としてキオクされています。
そしてその後、
お互い離れ離れに暮らすことになったので、
茅ヶ崎はトクベツなトコロとして記憶されたのだとも思います。

海に近い
明るいヒカリと潮風と乾いた砂地の茅ヶ崎が、
私たちの日々を明るくしていたのだろうな。

今、また大人になった私たちが
子供の頃過ごした場所を二人で歩く幸せ。
いろいろなコトがあったけれど
お互いなんとか乗り越えてこれてヨカッタと
そんなことは口に出さないけれど
きっと、そんな風に思いながら
懐かしい道を歩くのだろう。





c0118526_16385060.jpg





遠近ーオチコチ (ed.60 15x15cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-19 16:41 | よしなしごと | Comments(0)

942.awagami

10/7(土)から始まっている
アワガミ国際ミニプリント展で作品2点展示されています。
国内のコンペに出品するのは久しぶりです。
この展覧会は徳島県の文化産業である
阿波和紙をグローバルに伝えることを目指して行われています。
日本の和紙は最近やっと様々な方面で
注目を集めるようになって来ました。
木版画に限らず版画のジャンルでも、
以前から和紙は使われています。
洋紙にはない独特の温かい風合いを
いかに作品に生かすか?!
和紙は時として、
そのままでも十分美しいということもあるので
作品に上手く取り入れるのが難しかったりします。

今回、個展でも展示している
「滲む むかう」は白鳳という和紙に刷ってみました。
深い腐蝕のエッチングには和紙の繊維が毛羽立ちがちで
刷りがとても難しかったのですが、
水彩のような滲み感が和紙の空気を含んだ様な肌合いで
より一層出せた気がします。


アワガミ国際ミニプリント展
10/7~29 9:00~17:00 月曜休館(月曜が祝日の場合は翌火曜)
阿波紙伝統会館


岡田まりゑ個展「せつない」
10/2~14 外苑前 
ギャラリーハウスMaya



c0118526_13433770.jpg




滲む むかう (ed.20 20x15,5cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-08 13:24 | お知らせ | Comments(0)

941.旅する

個展中ではありますが、
今年も年末恒例のリトルクリスマス小さな版画展が、
本日より始まります。
今年の作品テーマは「旅する」です。

「旅」とは
いったん自分の定位置から離れて、
自分を見つめ直しアタラシイ空気を送り込むことだと思います。
ですから、定位置ー家があることが重要であると
私は感じています。
自分の基本tなるモノ、
戻ってこられるトコロがあってこその
冒険であり客観であって、
支店がなければただの流離いになってしまいます。
離れて判る「今ここに在るコトやモノの意味」を、
離れた距離や日数に関係なく
もう一度知るー考える。
それが旅の醍醐味だと思うのです。

10月前期開催の会場
東京 Azabujubanギャラリー10月4日(水)~9日(月)
福島 鹿島神社 参集殿 10月7日(土)~15日(日)
栃木 鹿沼市立川上澄生美術館 10月7日(土)~12月10日(日)
神奈川県相模原ギャラリー誠文堂 10月10日(火)~10月21日(土) 
愛媛県 松山ギャラリーリブアート 10月12日(木)~17日(火)

お近くの会場へお出かけ頂いて様々な「旅する」版画を
ご覧いただけると嬉しいです。


c0118526_1323661.jpg




遠近–オチコチ  (ed.60 14.8x14.8cm)
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-04 13:25 | お知らせ | Comments(0)

940.明日からは

明日からのギャラリーハウスMayaでの個展の作品
インストール完了致しました。
ギャラリーのロケーションや雰囲気によって
作品の展示は変わってきます。
今回の作品の並びは、ほとんどギャラリーの方に
お任せいたしました。
いつもながら、
手際よく設置してゆく手元は
プロの空気が漂っていて本当に「さすが!」と思ってしまいます。

自分の作品であっても
企画での展示はギャラリーとのコラボレーションだと思うので、
インスタレーション的な作品でない限り
展示についてはお任せすることが多いです。
自分では考えつかないコトや側面が見られて
勉強になります。

今回の展示
なかなか素敵に上がりました。

明日からの日々楽しくなりそうです。



c0118526_1443154.jpg



ここに在る (5x5cm 顔彩、パステル、雁皮)

今回の展示では10x10cmの額に入った小さなドローイングがあります。
ちいさいセツナイも是非ごらんください!
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-01 14:48 | 展覧会 | Comments(0)