ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

021 violet

紫陽花がキレイです。

まわりにいつも、水をたたえているような雰囲気のせいか、たくさんが重なり合って
咲いていたとしても、けして騒がしくなく、静かに微笑んでいるような
その空気感がすきです。




c0118526_14102090.jpg
                        こんな紫にドキドキ




井の頭線の線路沿いの斜面には、今、たくさんの紫陽花が咲いています。
白、あお、紫からピンク....
青紫色のが一番見とれてしまいます。

こんな青紫色には勝てないなぁ....と思います。
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-06-10 14:15 | ステキ | Comments(2)

020 季節のたより

 緑が鮮やかなころになると、 毎年、手漉きの和紙が大型の封筒に入って
郵便受けにやってきます。
その和紙は薄手のもので、雁皮紙や三椏紙であったりします。

そのトンボの羽根のように繊細で美しい和紙は、もうそれだけで完成されているので、
やたらなモノをそこに刷っては失礼な気がします。
でも、自分にチカラが足りないとき、または紙の魅力から触発されたとき、
和紙を使いたいキモチになったりします。

漉かれた和紙と共に、ちょっとした作業メモも添えられてきます。
H18.12.29(金)初雪ちらちら降る。
積もるほどではないが、久々に冷たい。紙を漉いて指がしびれるくらい冷たい。
昼食時間がなかったので.....


紙を漉いていらっしゃる方は、紙漉きが職業なわけではありません。
こんなに辛く、手間のかかる事は、
紙漉きに対する愛情がなければ出来ないシゴトです。
また、そうやって紙漉きの人の愛情を含みながら出来上がってくるものだから
和紙の色は自然で深く暖かいのだろうな...と思いました。




c0118526_12404898.jpg

銅版雁皮刷りのものをコラージュ





その、素敵な季節のお便りは、かれこれ10年以上つづいています。
ほんとうに有り難いなぁと、いつも感謝しています。
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-06-08 12:46 | ステキ | Comments(2)

019 けやき

 私の住んでいるあたりには 欅の木が多く目立ちます。
けやきは成長すると30〜40m程にもなる高木です。湘南に育った私には、
街中にこのような高木、どちらかというと 「森林」のイメージのある木があるのが
とても珍しく思えました。


c0118526_137260.jpg
翠ー視線のサキ     (ed.15 48X95)






風の心地よい頃となり、みどり がイキイキしていますね。
ちょうど家の前に大きな神社があるので、欅の葉を揺らしながら風が渡ってゆくのが
窓から見られます。  こころが風と一緒に飛んでゆけます。
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-06-05 13:13 | ステキ | Comments(0)

018 掟の門

 道に迷っていたら...掟の門のコトが耳に入ってきました(私は 考えなければならないコトが
あると、本を読んで答えを待つことが多いです)。

旅路の要所に「掟の門」というのがあるらしい。
無漏路(冬)から有漏路(春)への境界線にある門で、そこには番人がいます。
門番は訪れた人誰にも「今はまだ時ではない。入ってはならぬ!」と言うのです。
これは、いつ何時でも繰り返し言われる台詞なので、門番の言うことを聞いていると
「その時」は絶対にやってきません。

「掟」をやぶり、自分で自分に「掟の門」を通過する許可を与えたものだけが
入ることは許される様になっているらしいのです。



何を自分は信じているか...信じこまされているか...が問われる瞬間です。





う〜〜ん。手強いのは自分自身なんだな。
と、実感した今日この頃です。
c0118526_14405099.jpg

away (ed. 35 36X41)
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-06-04 14:46 | 日々 | Comments(2)

017 Rain

 久しぶりに雨の一日でした。
以前は 雨 とういうと何だか「今日はハズレだ....」という気分になり
何かをする気力をそがれてしまったりしていました。
空が暗い。  湿気が多いのもニガテ。

c0118526_2253860.jpg
 しずかに フカク     (ed.53 27X28)




仕事場の窓を少し開けていると(外側に開くタイプの窓)、雫が落ちる音がする。
その一定のリズムが 心地よい。
その音を聞きながら刷りをしていたら、かなり リラックスして 色々考える事が出来た。
実は、版画の行程のなかで、私はあまり、 刷りは好きではないのです。
ですから、なるべく早く終わらせたいな..と思う事が多く、知らずしらずのうちに
焦って刷っているような気がします。
今日は、自分のなかでは「大変な刷り」でしたが、なんだかちょっと楽しかったです。

雨の日も 悪くはない......
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-05-30 22:11 | ステキ | Comments(4)

016 わりと肉体労働

 銅版画というと、なんとなく繊細なイメージがあるらしく、
たまにミステリーの題材にもなったりします。
使用するものには、先の尖ったニードルやブルーアシッド(硝酸)、
松やにの粉、場合によってはアルコールランプなどがあり、
ちょっと素敵で、キケンな薫りがするからでしょうか。


c0118526_2254064.jpg


しかし、実際の作業は、どちらかというと工事現場の作業に似ています。
(もちろん、これは私の場合ですが)
必需品の中には  軍手 があります。
いつも1ダースで購入。「日本一」というところが頼もしいです。
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-05-28 22:13 | よしなしごと | Comments(4)