人気ブログランキング |
ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

312 インクが並ぶとき

 銅版で版を刷る時に、
色はどのように決めるか質問されることがあります。

製版しているときにすでに「こんな感じにしたい」と
はっきり決まって行くモノもありますが、
刷りをやる段階で それとは全く違ったインクを
並べてしまうこともあり....

いつも、
どうやって決めていたんだろうか?
と、改めて考えてみると、自分でも 不思議に思えます。



c0118526_2310013.jpg



刷る前に、
版を眺めていると、だんだんと インクが並んでくる
そんな感じでしょうか。

その、自分の意識からふっと離れているような時間に、
気がつくと 決まっているインクの色は、
不思議とあまり失敗することがありません。

自分に集中力が無かったり、体調が今ひとつだったりして
迷いが多い時に出て来た色は
「よし!」と思えないことが多いです。


私は、
考え過ぎない方が 上手くいったりしているな。今のところ。

こういう感じは、
ある時 急に変わったりするのだろうか?と、
少し興味深く、自分を眺めています。

こんな自分に厭きたら
方法も変わって行くのだろうな。
by malie134-HS02 | 2009-06-06 23:23 | よしなしごと | Comments(0)
<< 313  紫陽花の色 311 浜松個展 >>