ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

カテゴリ:展覧会( 61 )

972. booklet

今回の個展では、
初めての試みでbookletを制作してみました。
とは言っても不器用な私の事
和綴じの冊子に
小さなドローイング作品一点と
それに添えた言葉のシンプルな仕様です。

年々不自由になる手での  この制作は
私にとってはこの上なく大変で、
毎日少しずつ進めてはいても
同じ大きさに用紙をカットするだけでも
お腹が痛くなりました。
太めの製本用の絹糸を針に通すのなどは
本当にタイヘン‼︎

出来上がったモノをご覧になっても
きっと何がそんなに大変だったのか? 
想像出来ないことと思いますが、
人それぞれニガテなコト
大変なコトは違います。
絵を描くなどより数倍苦労したbooklet
どうか様々な不具合あるかとは思いますが
私のキモチとエネルギーが
たくさんこもっている辺りを
ご覧頂ければ嬉しいです。

こちらは即座にお持ち帰り可能な作品です。
場合によっては
全部はご覧頂けないかもしれません。
10点くらい展示の予定です。

c0118526_13212052.jpg
A5サイズbooklet

[PR]
by malie134-HS02 | 2018-04-04 13:09 | 展覧会 | Comments(0)

947.スペシャル企画

リトルクリスマス–小さな版画展in山口県周南市
*パレット画廊*岡田まりゑスペシャル企画の
お知らせです!

11/27(月)16:30頃より在廊予定です。
久しぶりに周南市に伺うのを楽しみにしています。
パレット画廊で岡田の作品を購入頂いた方に
オリジナルお礼カード(1点ものコラージュ)を
プレゼントさせていただきます。
また、額付きで購入の方にはご希望で額裏面に
サインもします。
ただいま予約受け付け中です。
全国へ発送致しますのでお電話、メールなどで
お申し込み頂けるとうれしいです。
よろしくお願い致します!

パレット画廊11/15~12/2 火曜休 10:00~18:30
       山口県周南市若宮町2-27
TEL:0834-21-8022
mail: palette@f7.dion.ne.jp



c0118526_14142442.jpg
c0118526_14145159.jpg
c0118526_14151035.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2017-11-05 14:15 | 展覧会 | Comments(0)

940.明日からは

明日からのギャラリーハウスMayaでの個展の作品
インストール完了致しました。
ギャラリーのロケーションや雰囲気によって
作品の展示は変わってきます。
今回の作品の並びは、ほとんどギャラリーの方に
お任せいたしました。
いつもながら、
手際よく設置してゆく手元は
プロの空気が漂っていて本当に「さすが!」と思ってしまいます。

自分の作品であっても
企画での展示はギャラリーとのコラボレーションだと思うので、
インスタレーション的な作品でない限り
展示についてはお任せすることが多いです。
自分では考えつかないコトや側面が見られて
勉強になります。

今回の展示
なかなか素敵に上がりました。

明日からの日々楽しくなりそうです。



c0118526_1443154.jpg



ここに在る (5x5cm 顔彩、パステル、雁皮)

今回の展示では10x10cmの額に入った小さなドローイングがあります。
ちいさいセツナイも是非ごらんください!
[PR]
by malie134-HS02 | 2017-10-01 14:48 | 展覧会 | Comments(0)

903.旅する作品−2

 版画は紙媒体なので輸送しやすいこともあり
立体や他の平面作品と比べて
海外との交流はしやすいメディアだと思います。
更に最近はSNSで交信しやすくなったので
海外展への参加は便利になりました。

先日もFBのルーマニアの作家から
ブルガリアの展覧会へのお誘いがありました。
「Varnaのビエンナーレに出してください」とあったので
嬉しくOKしましたが varnaって何処だろう?
調べてみたらブルガリアでした。
リーマニアもブルガリアも未だ私自身は行ったことはありません。
けれど作品はまた、
遠いところまで行ってくれるのだな。
たくさんの人と交流してきてほしい。
私の見られない景色を伝えてほしい。


苦手な梱包も頑張ってみた!
EMS高額だけれど
どうぞ無事に届けてね。



c0118526_1404672.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2017-04-14 14:02 | 展覧会 | Comments(0)

901.三人展

3月30日よりコートギャラリー国立にて
Sampa展はじまりました。
この時期としては寒い日々が続き、
国立の桜もまだ咲き始めたばかりといったところです。

コートギャラリー国立は、
中庭を挟んで2つの大きなギャラリー空間がある
美術館のような画廊です。
このような贅沢な空間に展示させていただけるのは
有難いことです。
久しぶりに大きな作品も展示致しました。

私は複数の方との展示は
どちらかというと、苦手ではあります。
あまり主張の強い印象の作品ではないと思いますので
個展ではない空間では、
自分の創りたい空気感を表現できないと感じています。
今回ご一緒させていただいている
2人の作家さんとは、
作品タイプもまるで異なっているので
持ってゆく作品は悩むところではありますが、
そういった違ったタイプの方々から
学ぶところは大きく、いつも勉強になります。

今回はデモンストレーションもありますので、
そういった点でも
他の作家さんの生な部分が拝見できて
貴重な時間が持てます。


因みに
私のデモンストレーションは4/8(土)15:30からです。
その頃は桜もだいぶ咲いていることでしょうね!
お越しいただけると嬉しいです。



c0118526_1364136.png

[PR]
by malie134-HS02 | 2017-04-02 13:08 | 展覧会 | Comments(2)

881. ぜいたくの種

今年も全国37箇所で行われてきたリトルクリスマス展
もいよいラストとなりました。
初参加の和歌山のヒロ画廊では明日からクリスマスの25日まで開催です。
ヒロ画廊さんは私も11月に個展を開催して頂きました。
あの素敵な円形の空間に46名の「庭」の作品が展示されるのを
本当はまた伺って拝見したいくらいです。

リトルクリスマス展の為に作って下さったリーフレットの
文章がとても心に残るものでしたので、
その一部ですが紹介させていただきます。

なんだかナニカと世知辛い昨今、
もの創りに携わっている私としては
色々と苦悩する日々ですが、
この文章を読んで見失いがちな「創る意味」のヒトツを
改めて見つけられた気がしました。

以下抜粋です。。。
7000円でどんな「ぜいたく」をしていますか?

クリスマスシーズンが近ずくと
賑やかな街にくりだしたくなる方もいらっしゃると思います。
今年は自分を少しだけ見つめ直す時間を
田舎にひっそりとあるヒロ画廊に
過ごしにいらっしゃいませんか?
「習慣が人を作る」と言います。
この冬、46作品から探し当てられた
感/慣性が、もっとおおきな「ぜいたく」の種となることを願い、
ご来場をお待ちしています。








c0118526_16362633.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-12-15 16:40 | 展覧会 | Comments(0)

876 ノエルの贈り物

この時期はクリスマスのプレゼントに!
という企画の展覧会が多いですね。
その中でも国立のWATERMARK arts&craftsさんの
「ノエルの贈り物展」は
制作する側にとっても楽しみな展覧会の一つです。

今年も内外のアーティスト25名の
それぞれ趣向を凝らしたカードが届いています。
カッターできちんとしたカタチをカットしたり
使えるモノを制作するのは苦手な私は
毎年とても制作に苦労します。
たの方のカードを見ては
その工夫の仕方や楽しさや美しさに
「なるほど!」といつも勉強になります。

今年は事前にwebよりチェックしていたので
お目当のカードをgetしに
初日にギャラリーへ伺いました。

webより実際拝見する方がさらに素敵なカードたちでした。

売り上げの20%が「未来の福島こども基金」に寄付される
というのもステキなことですね。

ぜひご覧頂ければと思います。
webからもご購入頂けます

11/23~12/8 火曜休  12:00~18:30
国立市東2-25-24 火水土2F tel:042-573-6625



これは私のカードたちです。
今年はコラージュで制作してみました。
c0118526_14103594.jpg

c0118526_1411910.png
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-11-26 14:15 | 展覧会 | Comments(0)

875 jazzの流れる中で

ただいま開催中のヒロ画廊の展示風景を
素敵な動画にしていただきました。
フェイスブックでもアップしたところ、
遠く離れていても個展の様子が味わえて嬉しい
と好評でした。

作品の色合いや風合いなどは
実際のモノをご覧いただけると
また違った発見があると思いますので
会場でご覧いただきたいと思いますが、
雰囲気をお伝えするツールとしては
本当に便利で嬉しいです。

制作していただいた画廊の方に感謝です!


ヒロ画廊の個展の雰囲気味わって頂ければ嬉しいです。
ヒロ画廊展示風景

和歌山県学文路861 tel:0736-32-8320






c0118526_1242013.jpg

[PR]
by malie134-HS02 | 2016-11-24 12:43 | 展覧会 | Comments(0)

869 庭

すでに10月より始まっている今年のLittle christmas-小さな版画展ですが、
今年のテーマは「庭」です。

c0118526_1525950.jpg


niwa (12x20cm)2版8色


庭は心の遊ぶ場所であると思います。
その規模や形式によらず 
その場所に集まる(通りすぎる)植物はもちろん
昆虫、光や影、風などを眺めたり、
関わったりする人をもてなしてくれる。
そして休息や恵を与えてくれます。
そんな場所が庭だと思います。
その空気感を作品に込めてみました。
心地よい風が吹いてくれるとよい
と思っています。

11月前半の開催は以下の通りです
*北海道 旭川 梅鳳堂ギャラリー10/14~12/13 10:00~19:00 tel:0166-23-4082
*北海道 札幌 梅鳳堂ギャラリー 10/26~11/21 10:00~20:00 tel:011-207-4082
岐阜県美術館ミュージアムショップ 11/1~12/4 tel:058-274-6747
*山形彩画堂2階ギャラリー11/2~20 火曜休  10:30~18:00 tel:090-2604-2506
*秋田 Galerie TURM 11/3~23 秋田市手形新栄町2-41 tel:018-831-4831
*新潟 羊画廊11/4~15水曜休11:00~18:00 日、祝17時まで tel:025-224-1397
*横浜art Truth11/9~14 11:00~19:00 最終日17時 tel:045-263-8663
横浜出身の私としては嬉しい開催です!
初日9日 17時からOPあり。在廊致します。

*大阪ギャルリ プチポワ11/7~19 日、祝休 11:00~18:30 tel:06-6531-8436
*愛媛県松山市ギャラリー リブアート11/10~15 11:00~19:00最終日17時 tel:089-941-9558
*岡山ピエニ11/12~23月曜休 12:00~19:00tel:086-231-6420
*群馬県前橋市アートギャラリーミューズ11/12~26日曜休10:00~19:00 土、祭11:00~18:00
tel:027-243-3888 webでも販売しています。こちらから
*山口県徳山市パレット画廊火曜休10:00~18:30
tel:0834-21-8022

各画廊サイトなどで全作家46作品をアップしています。期間中のみ一律¥7.650にて販売しています。
画廊ごとに特典などもあったりするようです。ぜひwebをチェックしていただけたらと思います。
電話での作品予約にも対応していると思いますので、
気になった画廊がございましたら
連絡して頂けると嬉しいです。
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-11-04 16:23 | 展覧会 | Comments(0)

867 さがしている

今回の個展では
久しぶりにガラス絵やパステルドローイングを
展示しています。

私の場合、版画作品との違いは多分、
一見してはそんなに無いかと思います。
ではなぜ違う素材で製作するのか?
それの一番の理由としては、
ドローイング、ペインティングなど直接画面に描く場合は
思い通りの色が使える!ということです。
版画の場合は、
プレス機を使用するということもあり
中間色は濁りやすいですし
また、たくさんの色を使用していても
画面に残る(目にはっきりと識別できる)のは3−4色くらいに
なってしまうということがあります。
実際、日頃の私の版画作品では8色くらい載せていますが
多分、ごらんになる方は
3、4色で出来ていると思っておられると思います。
けれど版画の場合は、
その「目に見えてこない色」も見える色を引き立てるのに
必要であるので版には載せてゆくのです。

そのように
「見えてこない色」をパステルやアクリルの場合も使いますが、
「見える色」はプレスでの変色がない分、
自由に幅広く使える楽しさがあります。
またパステルの場合は、
表面を削って下の色を出したり
擦って色を馴染ませたりと
銅版では出来ない(私の場合)技法が
使えたりするのが面白いです。

そんな風に
いろいろとキモチを探しながら
今回のパステル作品を制作してみました。




c0118526_140683.jpg




もういちど探す 
[PR]
by malie134-HS02 | 2016-10-26 14:05 | 展覧会 | Comments(0)