ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

019 けやき

 私の住んでいるあたりには 欅の木が多く目立ちます。
けやきは成長すると30〜40m程にもなる高木です。湘南に育った私には、
街中にこのような高木、どちらかというと 「森林」のイメージのある木があるのが
とても珍しく思えました。


c0118526_137260.jpg
翠ー視線のサキ     (ed.15 48X95)






風の心地よい頃となり、みどり がイキイキしていますね。
ちょうど家の前に大きな神社があるので、欅の葉を揺らしながら風が渡ってゆくのが
窓から見られます。  こころが風と一緒に飛んでゆけます。
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-06-05 13:13 | ステキ | Comments(0)

018 掟の門

 道に迷っていたら...掟の門のコトが耳に入ってきました(私は 考えなければならないコトが
あると、本を読んで答えを待つことが多いです)。

旅路の要所に「掟の門」というのがあるらしい。
無漏路(冬)から有漏路(春)への境界線にある門で、そこには番人がいます。
門番は訪れた人誰にも「今はまだ時ではない。入ってはならぬ!」と言うのです。
これは、いつ何時でも繰り返し言われる台詞なので、門番の言うことを聞いていると
「その時」は絶対にやってきません。

「掟」をやぶり、自分で自分に「掟の門」を通過する許可を与えたものだけが
入ることは許される様になっているらしいのです。



何を自分は信じているか...信じこまされているか...が問われる瞬間です。





う〜〜ん。手強いのは自分自身なんだな。
と、実感した今日この頃です。
c0118526_14405099.jpg

away (ed. 35 36X41)
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-06-04 14:46 | 日々 | Comments(2)

017 Rain

 久しぶりに雨の一日でした。
以前は 雨 とういうと何だか「今日はハズレだ....」という気分になり
何かをする気力をそがれてしまったりしていました。
空が暗い。  湿気が多いのもニガテ。

c0118526_2253860.jpg
 しずかに フカク     (ed.53 27X28)




仕事場の窓を少し開けていると(外側に開くタイプの窓)、雫が落ちる音がする。
その一定のリズムが 心地よい。
その音を聞きながら刷りをしていたら、かなり リラックスして 色々考える事が出来た。
実は、版画の行程のなかで、私はあまり、 刷りは好きではないのです。
ですから、なるべく早く終わらせたいな..と思う事が多く、知らずしらずのうちに
焦って刷っているような気がします。
今日は、自分のなかでは「大変な刷り」でしたが、なんだかちょっと楽しかったです。

雨の日も 悪くはない......
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-05-30 22:11 | ステキ | Comments(4)

016 わりと肉体労働

 銅版画というと、なんとなく繊細なイメージがあるらしく、
たまにミステリーの題材にもなったりします。
使用するものには、先の尖ったニードルやブルーアシッド(硝酸)、
松やにの粉、場合によってはアルコールランプなどがあり、
ちょっと素敵で、キケンな薫りがするからでしょうか。


c0118526_2254064.jpg


しかし、実際の作業は、どちらかというと工事現場の作業に似ています。
(もちろん、これは私の場合ですが)
必需品の中には  軍手 があります。
いつも1ダースで購入。「日本一」というところが頼もしいです。
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-05-28 22:13 | よしなしごと | Comments(4)

015 好きな動物

  好きな動物の話題となると、たいがいは ネコ か 犬 のことになると思います。
最近では、「うちのコ」と言われているくらいですから、もはや彼らは 動物...などという
扱いではないとは思いますが。

私の好きな動物と言えば、偶蹄目です。
とりわけ、リャマ、アルパカ そして鹿が今は一番です。ヤギも悪くはありません。
なぜ 偶蹄類かというと....?たいした理由はないのですが、なんとなく繊細な感じと
なんといってもヒヅメが素敵だ!!ということでしょうか。










c0118526_17355511.jpg

[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-05-26 17:49 | よしなしごと | Comments(2)

014 近所の犬

 大通りに面した商店の店先に、いつも大きな犬が寝そべっている。
彼はラブラドルレトリバーなんですが、その種には珍しく?小デブです。
その、ちょっと怠惰な印象から、私は密かに彼を「ゴン太」と名付けていました。

ゴン太はいつ見ても、ただ寝そべっています。
本当に寝そべっているだけで、時には眠っていたりしますが、歩いて行く人を眺めている様でもなく.....かといって退屈そうでもなく...
 この辺りは、盲導犬の訓練所があるので、同じ種の犬くん達が、日々とても真面目な顔で
一生懸命頑張っている様子に出くわしていると思うのに、同じ種として
恥ずかしくないんだろうか?

誰が通ろうと、そのまま寝そべっています。
「大通り」に相応しくない感じが漂います。
しかし、そんな風なので、その大きさにもかかわらず、あまり目立たず。
無駄に媚をうったりしないだけに、ヒマな人や寂しい人以外は彼をかまいたいとも思わない。
存在自体にあまり気がつかないかも....風景にとけこんでいるのです。

何度か通るうちに、私はゴン太のそのマイペースさに「大きさ」を感じてきました。
きっと、彼は瞑想状態なんだな......


余談ですが、その後、ゴン太の飼い主が「メリー」と呼びかけているのを聞きました。
「メリーなんだ.....しかも女のコなんだ.....」う〜〜ん.......?...またイメージがちがったな...





c0118526_1331492.jpg


talk to........ (65X80)
[PR]
# by malie134-HS02 | 2007-05-24 13:35 | よしなしごと | Comments(2)