ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

1023.ニューイヤー・バレエ

新国立劇場へニューイヤー・バレエを観に行きました。異なるタイプの3つつの新春にふさわしい楽しめるプログラム!
☆レ・シルフィード 
☆火の鳥
☆ペトルーシュカ

私はやはりクラシカルな美しい群舞の「レ・シルフィード」が一番好きでした。馴染みのあるショパンの曲での表現です。肉体の重さを感じない「空気の精」たちの踊りが夢のよう。「ペトルーシュカ」も様々な色合いの衣装が美しく調和して見事少しコワイけれど楽しい演目でした。

バレエはダンスパフォーマンスだけでなくクラシックの生演奏や舞台美術、衣装などを堪能出来る贅沢な時間が持てて大好きです。
年のはじめに美しいモノが観られてシアワセな気分です。

c0118526_11510302.jpg


# by malie134-HS02 | 2019-01-17 11:50 | ステキ | Comments(0)

1022. 島根県立美術館

先日の松江滞在では
島根県立美術館へも行ってみました。
美術館は宍道湖沿いに建てられていて
大きなガラス窓が解放的で
ヒカリ溢れる造りです。

ヒカリ溢れる....それは私にとって
空が大きく見えるトコロで
澄んだ気が流れている
という感じなのたなと思いました。

常設展示の「奈良原一高」の作品も素晴らしかった。その人物たちや風景の匂いも感じられる
フカイチカラを持った写真たちが
美術館の持つ明るさと対比し
て際立っていました。

野外の立体の展示も
湖に沿ってずっと歩いて楽しめる感じで、
こんな美術館が近くにあれば
散歩したり、ただ景色を眺めたりして
過ごしたい場所として頻繁に訪れるのになぁ。

何だか
とても良い時間を過ごした松江の旅でした。
松江、大好きな都市の1つとなりました。



c0118526_13285468.jpg



# by malie134-HS02 | 2019-01-09 13:13 | | Comments(0)

1021.一番

思いがけず松江に行くことになったので、
今年の初詣は出雲大社へ。
青空が美しい穏やかな日となりました。
大きな〆縄が見事!
大国主の尊の伝説による
兎のオブジェが参道の彼方此方に。

御神籤は「一番」でした。
「失せ物戻る」とあり、近頃何処かで無くした自信などもきっと戻って来るのだろうな!
と 嬉しく思ったり。
その後、兎の近くで四つ葉のクローバーも
見つけたので今年は良い年になると
確信しました⁈

奈良と同じようなヒカリを感じられた島根。
またゆっくり来てみたいです。

c0118526_23190815.jpg


# by malie134-HS02 | 2019-01-04 23:06 | | Comments(0)

1020. あたらしい日々

明けましておめでとうございます。
2019年の日々が穏やかで
キラキラと輝きますよう!

今年も  たまに 何となく 私の日々の
 ナニカを書いてゆこうと思っています。
そんな他愛もないブログですが、 
どうぞよろしくお願い致します。


c0118526_22234602.jpg


# by malie134-HS02 | 2019-01-02 22:19 | 日々 | Comments(0)

1019. 大晦日に

大晦日です。
長い間、全力で走る様なエネルギーの出し方で
シゴトをして来た私にとって、
歳の重なりでそういった
自分の使い方が出来なくなったのは
辛い日々となりました。
出し切って倒れこむ!というのは
ある種気持ちのいいものであったし、
その瞬間自分のコトを許せる気がして
スッキリと過ごしたと思います。

制作のことだけでなく
日々の些細なヤルべきことたちも
最近はなかなかやり終える事が出来なくなって
年末ともなると、
そんなコトたちが押し寄せて来る感じで
どうにもやるせないです。
しかし、
そんな自分にダメ出しばかりしていて
更に暗いキモチになっていては
良いモノも創れません。
来る年は
ゆっくりと静かなエネルギーで
制作をして日々を焦らず
過ごして行きたいものだと思っています。


今年もたくさん有難うございました!
どうぞ
皆さまも良いお年をお迎えください。


c0118526_12580705.jpg


それぞれの  こと  
(ed.20  15×18cm  銅版雁皮刷り)




# by malie134-HS02 | 2018-12-31 12:47 | 日々 | Comments(0)

1018.クリスマスイヴ

暖冬で年の瀬を感じずらいとはいえ、
年末は「今年中に片付けたいコト」で
何かと気忙しいです。
そんな中、
友が急に手術をすることになったりで
更に落ち着かない日々を過ごしていました。

それでも
クリスマスイヴには品川教会の礼拝へ
参加する事が出来ました。
昔は毎週通っていた礼拝も、
今では年に一度くらいしか行かなくなり
あまり良い信徒とは言えません。
品川教会は昔、私が通っていた教会と同じ系列なので賛美歌など馴染み深いです。
ただここ数年で主の祈りが口語文になって
残念ですが。やはり、聖句などはあらたまった感じがする文体の方が良いと思います。
何より子どもの頃から馴染んだ言葉が
変わってしまうのは淋しいです。

24日は風も強く冬らしい寒い日でした。
賛美歌も一段とシミジミと感じられ、
一年を振り返るのには
よい夜でした。

とりあえずこうして皆、
今年もクリスマスを迎えることが出来て
良かった!
そんな風に感謝してイヴは過ぎました。

c0118526_13201967.jpg




# by malie134-HS02 | 2018-12-26 13:06 | 日々 | Comments(0)