人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

1378. 大阪へ

今日は久しぶりの雨降りで 
気温もぐっと下がりました。
天気に気分が左右され易い私は
こんな日はいつそうツラい。
全身がいたいなぁ と
何かキモチを堪えて溜め込んだ分痛みになってしまっている感じだけれど
泣き言を言っている場合では無いので
定期的に通っている整体やマッサージで
緩和しては頑張っています!

11/13(月)〜23(木) 大阪狭山市のギャラリー美游館にて個展です。
ずうっと私の作品を見守り続けて下さっている画廊さんの一つ。そうした方々のおかげで、
こんな風に体力や気力が危うくなっても
また頑張れるエネルギーが出せています。
暖かいサポート本当に有難いです。
久しぶり在廊致します。
11/18 (土) 16時くらいから
11/19(日) 12時〜16時くらい

何度行っても大阪の交通網に悩まされるので
迷わず辿り着けると良いな。
遅れる可能性もありますが、必ず行きますので
待っていて下さい(お逢いできる方へ)。

銅版画、コラージュ作品、オイルパステル画を展致します。

ギャラリー美游館
大阪狭山市西山台6-1-16
TEL:072-367-5650
http://www.biyoukan.com


1378. 大阪へ_c0118526_11094305.jpg
1378. 大阪へ_c0118526_11102770.jpg


# by malie134-HS02 | 2023-11-10 10:55 | お知らせ | Comments(0)

1377.遠くまで行く

群馬県は私のところからは微妙に遠い。
初めての地館林での展示に訪れてみた。
苦手な(大阪同様私にとってはナニカ惑わせる要素がある路線たちなので)埼玉県方向への列車を乗り継ぎ「はるばる」と言った感じで
辿り着きました。
と言っても今はスマホのアプリでの情報で
別に格別大変なことはないのだけれど
フットワーク軽い方ではない者にとっては
この距離は はるばるです。

けれど、
こうして移動するのは嫌いではありません。
普通列車では車中が混んでいるともあり
窓の外の景色を愉しむのは難しいけれど、
別の場所に行ってしか会えない人々も居る。

アトリエプティトゥウジンヌの亀山さんとは同じ銅版画作家として長い知り合いではあるけれど、ずいぶんと久しぶりにお逢いしました。
若い頃は割とトガッた感じの印象だったけれど、長いパリでの暮らしや父親としての日常
また、帰国して館林という地に根付いて行く日々で、温かくまぁるい人柄 
という印象になっていました。
皆んななかなか良い大人になって行くなぁ。

作品を観に来て下さった方で
私の作品を気に入ってくれた女性が、
「私は明るい性格過ぎて、嫌なことや不快なことはすぐ忘れてしまうの。次へ行こう!と思ってしまう」と言っておられた。
それはとっても素敵なことだ。
私は、あんな様な重苦しくもないあん意味アカルイ作品たちを制作しているけれど、
かなりのネガティヴ思考だ。
カナシミは何時も深く心に沈んで行ってしまい
なかなか拭うことが出来ない。
モノを無くしてしまった というような些細なカナシミもずうっと何処かに居座っていて
ああ 助けてあげられずゴメンね
みたいなキモチが刺さっています。
自分の感情に溺れ易い。
そんなことでは情け無いな と思い
ずっと 忘れる 努力もしていたけれど
最近「自分以外の人になるのは難しいね」とも思う様にもなった。

明るいく前向きな人 は憧れではあるけれど
なかなかそんな風になれない自分も
仕方ないね。
そして、
そんな明るい人が私の作品を好き
 と思ってくれるのは かなり嬉しいね。
何かエネルギー交換出来た気がしました。

そんな風に
他の人の話を聞けたり
久しぶりの人に逢えたりするので
遠く 遠くじゃ無くても
出掛けてゆこう!
と思った昨日でした。

1377.遠くまで行く_c0118526_11111737.jpg

1377.遠くまで行く_c0118526_11111805.jpg

会場写真を撮ったけれど何時もながら全くダメな写真だったので展示しているコラージュ作品
「遠くを 想う」を

# by malie134-HS02 | 2023-11-05 10:50 | | Comments(0)

1376. 浮力

何だか相変わらず心配と悲しみで余り前向きなキモチにはなれないでいます。
それを解決する様な気力も体力も今は無いので
そして、とりあえず解決しなければいけないシゴトなどがあるので、
目の前のコトをきっちり解決 を優先させて
生きています。

先週はLiveとコンサートの予定があり、
またこの時期は知人などの展示も多いので
頑張って 外出週間にしてみました。
いつもなら連日外出は体力的に無理なので
そんな予定にはしないけれど、今は一度篭ってしまうともう外出出来ない感じなので
そして、外出で気も晴れるかな との期待もあり頑張ってみました。

初っ端のひさびさzeppダイバシティLiveはハードルが高いけれど、今回は体力無いので初の二階席で。席があるので焦らず入場そして荷物も置ける。ドリンクも余裕で最初にGET。思ったよりステージもよく見えて快適。もう、Liveハウスは二階席だね!
セットリストにずうっと昔の「YOUNG OH! OH!」という曲があって、ただ明るい能天気な曲なのだけれど「ああ!あの頃は私も友達も若くて元気いっぱいだったよね」と不覚にも涙。
相変わらず楽しい弾けた時間だったけれど。

次に季節恒例の?ナイトタイムパイプオルガンコンサートへ。今回は演奏者の様子がよく見えるバルコニー席の最前を取っていたので
強く鍵盤を弾く様子や
忙しく脚を動かして足元の鍵盤を弾く様子など見られて面白かったです。
久しぶりにクラシックオルガンの星形の
ツィンベルシュテルンがくるくる回っているのがよく見えて嬉しかった。
あれはただ回っているだけでなく
キラキラと可愛いい音がしているらしいのですが、曲が壮大過ぎて今回は聞き取れませんでした。

展示では現代美術館の「ホックニー展」を。
日本か文化面でもキラキラしていた頃
ホックニーは流行っていて
展示されている昔の作品を観ていたら
やはり涙こぼれる。私にとってはそんなに良い時代ではなかったけれど、あの時ですら具合は悪かったけれど それでもまだ、ぜんぜん元気だったのだなぁ と。まぁそんな昔のことはいいやあ と思い直し、80代ホックニーの今の作品に感動する。タブレットを楽しく使いこなしているのは、やっぱりすごいよね。
相変わらず大きな作品を制作していたりするのも。 
制作は人を保たせるよね。

頑張って外出していたけれど、
知り合いの展示は行きたいトコロの半分も行けないでいる。(チケット購入していたものを優先させてしまい申し訳ない)
早い時間から外出出来ず、しかもたくさん歩けない今日この頃。不義理をしていてごめんなさい。行きたいトコロへはなるべく頑張って行くつもりではいます。
今回行けなかったら展示 許してね。

こうして外出しても
そんなに変わらないけど
でもきっと
篭っているよりリフレッシュしているのだと思う。そしてナニカ アタラシイモノを感じているのだと思う。

今は沈んでしまわない様
ギリギリで浮いていようと思っています。

1376. 浮力_c0118526_13094034.jpg

1376. 浮力_c0118526_13094231.jpg



# by malie134-HS02 | 2023-10-30 12:34 | 日々 | Comments(0)

1375. シンプルには行かない日々

メンタル脆弱過ぎて
現実に上手く立ち向かえないでいる今日この頃
シンプルに考えて行動して行けばよい!
のは分かっているけれど
そういう風にはなかなか出来ないね。
そんな中
次の展示が始まります。
それはそれで、ありがたい。
今はそんな忙しさをこなしてゆくのが 
精一杯!という日々で助かっているようです。

1375. シンプルには行かない日々_c0118526_11000042.jpg

1375. シンプルには行かない日々_c0118526_11000152.jpg
11/3〜12 群馬県館林市のアトリエプティトゥウジンヌで「紙の表層ー3つの色相」展
パリに長く住んでいた銅版作家の亀山さんのアトリエ&ギャラリーでの展示です。
亀山さんとはベルギーでなど度々一緒に展示をしたり、長い間の作家友達です。
日本に帰ってからはフランス人の奥様と
館林のカルチャースポットとして活動されています。こうしてアトリエプティトゥウジンヌで展示を企画して頂き、本当に嬉しいです。

久しぶりにお逢いしに館林まで
行こうと思います!
★11/4(土)15時頃から18:30くらいまで在廊予定です。
14時〜16時 菱田俊子さんによるシルクスクリーンのワークショップもあります。
お近くの方はぜひ!



# by malie134-HS02 | 2023-10-26 10:56 | 日々 | Comments(0)

1374.歩けるキセキ

母が歩かなくなってから1か月が経ちます。
歩けなく ではなく歩かなくなってしまった。
ちょっとしたコトが気に掛かって
もう、何も努力したく無くなってしまった
というのが合っている感じです。
1か月もそうしているので
当然もうきっと歩けないでしょう。
それでもいい。。と思ったのだろう。
いえ、
そんな決心ではなく 多分
とりあえず「もう、嫌なコトはしたくないな」と思ったのだと思う。

当初、
例によって努力家の私は母を叱咤激励すべく
それこそ努力していました。
頑張ればまだ歩けるのに!どうして頑張ってみない?何故気力を出さない?
そう思ったけれど、
この2.3年 いや、もっとずうっと昔からの
母の気質を考えてみて
そして90歳という年月も想い、
もう 無理したりやりたくないコトは
しなくていいよ と思ってみました。
実際、私自身 年齢と共に様々身体の不具合
が増して来て、流石の頑張り屋の私でも
対処はできないかも。。や
もう仕方ないしなぁ となっている。

高齢の母は、
私に叱られたりして頑張ってはいたが、
それはきっと辛かったかも知れないよね
と反省しました。

そんな現実は
まだ未だ余り受け入れられないのだけれど
私自身も頑張ってやっていかなければいけない日々であるので
何とか自分を保って行こう と思います。

人がスイスイと歩いて行く様子を見ながら
極普通の風景と思っていたけれど、
歩く というのも、とてもすごい奇跡みたいな
調和で成り立っているのだなぁ
とまた、泣きそうになるので
秋は厄介だな。

1374.歩けるキセキ_c0118526_14131865.jpg
境界で   木にアクリル、色鉛筆

# by malie134-HS02 | 2023-10-20 14:00 | よしなしごと | Comments(0)