ブログトップ

岡田まりゑblog

malie.exblog.jp

タグ:顔彩 ( 15 ) タグの人気記事

1006. じょんがら一代

ギリヤーク尼崎氏が今も尚活動を続けていることをFBの何方かの投稿で知りました。
美大の学生の頃、
たまたま学校でギリヤークさんがパフォーマンスをなさって(大道芸人としているので、この表現が適切か?分かりませんが)いるのをみました。その頃の私には、そのことの意味は
まるきり理解していなかったと思いますが、
そのセツなる想いの様なものや
パワーは今でも鮮明に思い出せるくらい
衝撃的でした。

YouTubeで観た88歳50周年の舞は
とても胸に迫りました。
ずっと変わらずの「じょんがら一代」の舞。
車椅子である事を忘れさせます。
ずっと変わらないことの凄さ‼︎
躰が思う様にならなくても今出来る事で
表現するスゴさ。
欲張らないすごさ。
いろいろ沢山伝わって涙が出ました。


まだまだ私にも出来ることがあるね。



c0118526_16133271.jpg
いつから私はここに  居るのか?
(10×10cm   銅版画に顔彩)




[PR]
by malie134-HS02 | 2018-10-10 15:59 | 日々 | Comments(0)

1005.動かすチカラ

もともと考えるコトが好きではあります。
本名の「眞理枝」は学者であった祖父が
真理を追求するような人になって欲しい!という願いで付けたものなので
ある意味私は、祖父の願い通りの人がになっているとは思います。

体調不良で躰が余り思うように動けなかったりすると、頭をたくさん働かせたくなります。
それで、アレコレと思考して行くうちに
過去や現在の自分の反省点ばかりが重くのしかって来たりして非常にネガティブな方向に陥ってしまう日々です。年齢と共に余り楽観的ではいられなくはなって来ますが、それにしても此れでは未来が無い。

脳というのは元よりネガティブなモノだと、
何処かで読んで
「そうかぁ、和田がネガティブなのではなく
脳の仕業なのね」と余計な思考を何とかしてストップする試みをしています。
瞑想は割と役立つかな。

やろうとした事はとりあえず考え過ぎずやってみるのは今の自分に必要な事なのだろう。

考え過ぎる前に自然にグングンやっていけていた時代が私にもあったけれど
まぁ、それを懐かしんでも始まらないよね。


c0118526_13262227.jpg

対話のなかで 
 (40×40cm   コラージュ、顔彩、色鉛筆)




[PR]
by malie134-HS02 | 2018-10-08 13:09 | よしなしごと | Comments(0)

1004.季節の変わり目なので

季節の変わり目などに
熱を出して寝込むことが多いです。

ここ数日
また、喉が腫れて微熱続きの日々です。
子供の頃から熱出しには慣れているので、
多少の熱では普通の顔をして過ごします。
版画の刷りも大きな作品でなければ
こなして来ました。
けれど最近は、
体力も落ちているので、体調不良の時に無理して版画の刷りをやっても集中力に欠けてしまい
失敗が多くなるので諦めています。
そして、どちらにしても(もう少し体力のあった若い時でも)その後は結局カナリ寝込むことになるので、余り良いコトでもないと痛感しています。
それで先週始めに、その後刷る予定の作品の為に湿した紙がそのままになっているのですが、
かれこれ一週間経つのでカビが心配です。
今回の作品にはベランアルシュを使いたくて用意してので(アルシュはちょっと高級です)絶対カビて欲しくない!
というより、そろそろ私も復活したいです。

c0118526_17320947.jpg

あかるい 明日に 
 (10×10cm   銅版画に顔彩、コラージュ、色鉛筆)



[PR]
by malie134-HS02 | 2018-09-30 17:18 | 日々 | Comments(0)

1003. 90cm巾×909m

2014年より使い続けていた人絹92cm巾×909mを使い終わりました。
感慨深いです。

人絹は銅版を刷る時に使うモノのひとつで、
インクを版に詰めた後、余分をまず寒冷紗で拭き取り、人絹で拭き上げます。
私の場合、一版多色凹凸版刷りなので
インクの拭き残りが無いようにする為、
この人絹は他の作家より多く必要です。
(作品によってインクの拭き取り方は作家それぞれ違うので使用するモノも違います。)
私の技法では、人絹は欠くことの出来ない必需品です。
ですから数年前に福井の問屋さんがクローズしてしまう際、出来るだけの人絹を買いだめておきました。

今回使い終わるのに
4年という日々がかかってしまつたのは
自分に対する変化が著しかった昨今を省みて
セツナイきもちにもなりました。
アトリエの棚にしっかり積まれている
人絹の在庫は使い切る事があるのかな。


c0118526_18152188.jpg


捉われずに  どんどんと 
(10×10cm   銅版画に顔彩、鉛筆、コラージュ)

[PR]
by malie134-HS02 | 2018-09-27 17:48 | 日々 | Comments(0)

996. 日々

アシュタンガヨガを始めてから
随分と経ちますが、当たり前ではあるけれど
ずっと道の途中です。
ヨガはストレッチなどの運動ではなく、
身体の柔軟性と共に、むしろ考え方などキモチに効いてゆくものでもあります。

今日も
「現状維持には同じコトの繰り返しを日々していては後退するばかり!という言葉に
それは制作でも同じ!と頷きました。
ナニカアタラシイことをして行かなければ
朽ちてゆく!
そんな風でも自覚があってのことならば
良いとは思うけれど、
精進しているつもりの「同じコトの繰り返し」は勘違いでしかない。

今出来るコトは何なのか?
日々それを問うけれど




c0118526_16015946.jpg
セツナく  そして強く
(10×10cm   顔彩、パステル、色鉛筆)




[PR]
by malie134-HS02 | 2018-08-18 15:49 | よしなしごと | Comments(0)

994. そんな日はアキラメルこと

台風は思っていたより早く
逸れていったようです。
暑さとか寒さだけでなく低い気圧が、
私はとても苦手です。
子供の頃より雨の日などはグッタリして動けず、学校を休みがちでした。
ヨガで体調を整えて以前よりは少し元気かなぁ
と思えるこの頃であっても、
今回の台風の影響は大きく
この二日間は重い身体とふらつく頭に悩まされ、何も出来ずにいました。
それでも相変わらず、
ナニカをしなけりゃ!という思いに駆られ
そんな風に思う時は
何も出来ないコトへのツラさが加わって
あらゆる方向からの辛い時間になってしまう。
せめてそんな時は「即急にアキラメる」をしなきゃね!と思います。
ナニカをすることが人間の価値であるなら、
「生産性が無い」と言ってしまった人と
同じことになる。

今日はだいぶ回復したので
そんなことも思ったりしています。

c0118526_12382261.jpg

セツナく  そして強く  (10×10cm   銅版画に顔彩)






[PR]
by malie134-HS02 | 2018-08-09 12:29 | よしなしごと | Comments(2)

991.とても暑い日なので

暑いからというだけでなく、
元より私は元気いっぱい!
というタイプではない。
ですから、
そんな風な人や体育会系ノリなど
また、「元気?」と尋ねられるのも
そんなに好きではない。
単なる好みのハナシなのですが。

仕事上、展覧会などは割と観にゆく方ですが、
キモチが低迷している昨今
元気に頑張っている感が圧倒的に出ている作品は、あまり観たいと思えません。
明るい作品は好きですが、
「元気」と明るさはまた、違うと思います。
「とても頑張っている」感が表に出て来ている作品も私には疲れます。
静かにさりげなく美しく佇んでいるモノを
今は観たいと思っています。

「美しい」は人それぞれ違う。
暑い日々はまた、それに違った感情を
プラスするので厄介になります。

風通しの良いモノを観に行きたい。
ふと、そんな風に感じた 
とても暑い今日。


c0118526_12522993.jpg


捉われずに  どんどんと (10×10cm  銅版画に顔彩、鉛筆、コラージュ)




[PR]
by malie134-HS02 | 2018-07-23 12:42 | よしなしごと | Comments(0)

990.ちょっとしたヨイコト

ここ何年も夏の暑さは尋常ではない!と
感じてはいましたが、
今年は更に異常な暑さになっていますね。
心頭滅却すれば…などと思わず
もう、この暑さには負けました
と降参してしまわないと命が危ないです。

そんななか
この暑さで一つヨイコトをあげるとすれば、
洗濯物がよく乾くというコトだ。
家事の中では洗濯は比較的好きなので
よく乾く日々はちょっと嬉しかったりします。

その
ちょっとしたヨイコトを思い
暑さに負けながら日々ヘトヘトな感じで
過ごす今日この頃です。


c0118526_18294451.jpg

(コラージュ、顔彩、色鉛筆)




[PR]
by malie134-HS02 | 2018-07-20 18:21 | よしなしごと | Comments(2)

989.ニガテ

猛暑のなかの
設備が完璧でない環境での銅版画制作は
あまり適切ではないと
痛感する今日この頃だ。
毎日出来る限り落ち着いてモノゴトを進めるよう頑張ってはいますが、
肉体も精神もヘトヘトです。

なので
ちょっと今回は「ニガテな表現など」
を連ねてみよう!と

ほっこり、インスタ映え、自分にご褒美、
超絶技巧、snsの投稿にいちいち自分が映り込む別に有名人ではない人、自撮り、
大きな声で話す人、威張る人、暴力シーン、
カワイイ、超フェミニンな服、
オレンジ色の黄緑な感じ、フィジカルな感じ、
セクシー、マッチョ、ファンシーなモノ、
タバコの煙、FBの文が長い、アニメ声、
メロン、西瓜、柿、
親しいはずなのに突然とても丁寧な口調で接する慇懃無礼な人…、
だんだん表現とかではないコトになって来たのでこの辺で。


こんなコトに別に意味はないけれど
何故か少しスッキリしました。


c0118526_16314983.jpg
遠くまで行って  も (10×10cm 銅版画に顔彩、色鉛筆)





[PR]
by malie134-HS02 | 2018-07-18 16:14 | よしなしごと | Comments(0)

988.見つける

フェルデンクライスメソッドで
日々アタラシイを見つけるコト-長年の慣れではなく、今まで使ってみなかった方法で
やってみる!みたいなコト
を教わっています。
フェルデンクライスメソッドについては
私の理解がまだまだ浅いので
そういうコトを習うモノなのか?
は言い切れないのですが、
でも方向性としては違わない気がします。

ずっとやって来た歩き方とか
姿勢とか手の使い方など
年齢と共に本当は変わって行く方が
生きて行き易いコトを
経験や積み重ねで「よいこと」と
思ってしまっている習慣は
たくさんあると思います。
そして、
長年の積み重ねが「経験」として
自分の中に揺るぎないモノと
思い込んでしまっている。

それは
制作でも同じことが言えると思います。
過程でアタラシイことを
常に見つけて行かなければ、
それは創作とは言えない。
勿論、常にアタラシイことを見つけるのは
容易ではありません。
けれど、
自分がそちらの方向を向いて制作をしているのか?そうでないか?で創ったものは
大きく違うと思うのです。
観る人にはハッキリとは分からなくても
自分には解ってしまっていると思う。
解らない-気にしない、または職人として存在している場合もあるでしょうけれど。

自分と闘わず
アタラシイことを見つけて行きたいものだなあ
と今日も汗を流しています。

c0118526_16120207.jpg
伝えないけれど  (10×10cm 顔彩、色鉛筆)




[PR]
by malie134-HS02 | 2018-07-15 15:49 | 日々 | Comments(0)